Switch版『ウィッチャー3』ver3.6の内容、PC版とのセーブデータ共有機能やより細かなグラフィックオプションなど

The Witcher 3: Wild Hunt — Complete Edition

Nintendo Switch版『The Witcher 3: Wild Hunt Complete Edition (ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション)』でバージョン3.6がリリースされ、PC版とのセーブデータ共有(クラウドセーブ)など、いくつか大きな新機能が追加されました。

クラウドセーブ、細かなグラフィックオプション

いち早くv3.6がリリースされた韓国地域に続いて、各国でアップデートがロールアウト。順次利用可能になりました。v3.6の大きな変更点の1つは、SteamおよびGOGとのセーブデータ互換の実装(クラウドセーブ)。Nintendo Switc版とPC版との間で進行状況を共有することができるようになりました。

より細かなグラフィックオプション

また、より細かなグラフィックオプション(合計10種類のグラフィック効果)が実装。設定を変更することで、スイッチなりに従来よりも鮮明な画質でゲームを楽しめるようになりました。

比較映像。変更後は画面がシャープになっているのを確認できます。

その他の追加・変更点

このほかv3.6では、タッチ操作サポートやテキスト言語の追加、パフォーマンス最適化、バグ修正などが図られています。

スイッチ版『The Witcher 3: Wild Hunt Complete Edition』Update 3.6の内容

Update 3.6 を適用することによる主な追加・修正内容は次の通りです。

  • 追加 : タッチ操作サポート
  • 追加 : Steam や GOG とのセーブファイルの統合、Switch版で地域が異なるバージョンも統合
  • 追加 : テキスト言語の追加
  • 追加 : グラフィックオプションの追加
  • 追加 : 複数のパフォーマンス最適化
  • 修正 : 様々なビジュアルや機能に関するバグ
  • 修正 : ゲームプレイやクラッシュに関する問題

PCからセーブデータを転送する際の注意点

PCからセーブデータを転送する際は、次の点に注意してください。

※PC版セーブファイルでMODを使用している場合、MOD関連バグやブロッカーが転送される場合があります。
※PC版でセーブファイル名を変更している場合、Nintendo Switchのクラウドセーブ機能は認識することができません。

PC版とのクロスセーブはスイッチ版独自

なおパブリッシャー CD Projekt Red の担当者は、今回Switch版に実装されたPC版とのセーブデータの統合機能(クロスセーブ、クラウドセーブ)はSwitch版専用の機能であり、他のコンソール版(PS4/Xbox One)で同様の機能を実装する計画はないとUSgamerに対して語っています。

「このオプション(クラウドセーブ)は、Nintendo Switchへの移植に際して我々のチームと蜜に協力してくれた Saber Interactive と一緒に、Switch 版用に特別に設計した機能なんです。他機種の『The Witcher 3』で同様の機能を実装する計画はありません」と広報担当者は説明。PS4版やXbox One版で同様の機能が近いうちに提供されることはなさそうです。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。