フェイクではないかと思われた『The Witcher 3: Wild Hunt (ウィッチャー3 ワイルドハント)』のNintendo Switch移植情報ですが、E3 2019にて『The Witcher 3: Wild Hunt – Complete Edition』が正式発表。

2019年内に発売予定であることが明らかになりました(その後、2019年10月17日に国内も含め発売決定)。

『ウィッチャー3』は、ポーランドのデベロッパーCD Projekt REDが手がけるダークファンタジーの世界を舞台とするオープンワールド・アクションRPG。

2015年にPlayStation 4 / Xbox One / PCで発売され、累計2,000万本を超える大ヒットを記録しています(シリーズ累計では4,000万本超)。また2015年にはTGAを含む250以上のGOTYアワードを受賞。セールス面でも内容面でも2015年を象徴するタイトルの1つとなりました。

『ウィッチャー3』を動かすには相応の性能を要することから、期待する声もあったものの、Nintendo Switch展開は難しいのではないか?と考えられていました。海外ストアに商品情報が掲載されたときも、おそらくフェイクだろうと。しかし2019年、それは実現しました。

『バイオハザード7』や『アサシンクリード オデッセイ』のようなクラウドゲームではなく、スイッチ上で動きます。

早速、Nintendo Switch版とPS4版とのグラフィックを比較した映像も公開されています。

Switch vs. PS4 グラフィック比較

Switchへの移植はSaber Interactive(Halo: The Master Chief Collection、NBA 2K Playgrounds 2など)が担当。木の葉の密度・描画距離を変更したり、影のディテールの変更といった調整、解像度やテクスチャ品質の低下などはあるものの、CD Projekt REDと密接に協力し、Switch移植を実現しました。

公式からも解像度についてアナウンス。スイッチ版の解像度は携帯モード時は540p、TVモード時は最大720pの動的な解像度を採用しているそうです。フレームレートは最大30fps。

『ウィッチャー3』はPS4版でもフレームレートが安定しない場面があるほど重いタイトル。可変解像度を採用しているとはいえ、実際のゲームプレイで快適さが保たれるかどうかは気になります。実際のSwitch版をキャプチャーしたというトレーラーでは良く動いているように見え、プレビューの評価も悪くありません。

Nintendo Switch版の特徴・仕様

Nintendo Switch版となる『The Witcher 3: Wild Hunt – Complete Edition』の特徴について。『コンプリートエディション』には2つの拡張ストーリー「無情なる心」と「血塗られた美酒」や16のDLCを含む、『ウィッチャー3』に関連するすべてのコンテンツが収録されています。

メインストーリーとサブクエスト、さらに追加ストーリーを合わせると、150時間以上にわたる重厚な物語のボリュームに。Nintendo Switchなら家でも、外出先でも『ウィッチャー3』を遊ぶことができます。

日本語ローカライズ仕様や規制内容等はPS4・Xbox One版から変更ないとのこと。

ファイルサイズは約32GB。

Nintendo Switch版 The Witcher 3: Wild Hunt 商品概要

タイトル

The Witcher 3: Wild Hunt – Complete Edition (ウィッチャー3 ワイルドハント コンプリートエディション)

メーカー

パッケージ版発売元 : スパイク・チュンソフト
ダウンロード版発売元 : CD PROJEKT RED

オリジナル版開発 : CD PROJEKT RED
Switch版移植担当 : Saber Interactive

発売日

2019年10月17日

価格

6,480円+税(パッケージ版・ダウンロード版)

ジャンル

オープンワールドアクション RPG

プレイ人数

1人

ファイルサイズ

約32GB

解像度(可変)

TVモード時 : 720p
携帯モード時 : 540p

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で