Nintendo Switch版『バイオショック コレクション』が台湾のレーティング審査を通過


BioShock: The Collection

 

Nintendo Switch で、近い将来Take-Two/2Kの人気一人称視点アクションRPG『BioShock』を遊べるようになるかもしれません。

『BioShock: The Collection』(バイオショック コレクション)が台湾のレーティング機関の審査を通過したことが明らかになりました。

『バイオショック コレクション』は、『BioShock』『BioShock 2』 『バイオショック インフィニット』のゲーム本編およびシングルプレイDLCを収録し、1080p/60fpsリマスターを施したタイトル。2016年に PlayStation 4 と Xbox One、PC 向けにリリースされました。

レーティング機関では、収録される3タイトルとコレクションの情報がそれぞれ登録されているのを確認することができます。Switch版の発売日は未定。

https://youtu.be/iRWexlrZJc4

Take-Twoは2KやRockstarレーベルを含め、Nintendo Switch向けに『NBA 2K』シリーズや『シヴィライゼーションVI』『L.A.ノワール』などを展開。

Wii U で途絶えていたシリーズの供給が再開されたり、これまで任天堂プラットフォームで発売されていなかったタイトルも、Switchでは遊べるようになっています。


この記事をシェアする