独占契約です。

コナミデジタルエンタテインメントは、イタリア1部リーグ・セリエAのユベントスと、コナミのサッカーゲームとの独占的なオフィシャルパートナー契約を結んだと発表しました。契約期間は3年間。

9月にローンチの『eFootball ウイニングイレブン 2020 (ウイイレ2020、eFootball PES 2020)』は、ユベントスのチーム名や選手、ユニフォーム、スタジアムが実名で登場する唯一の家庭用ゲームとなります。

ウイイレ2020 × ユベントス

コナミがユベントスと、同社のサッカーゲームにおける独占契約を結びました。コナミによるとウイイレシリーズ最新作の『eFootball ウイニングイレブン 2020』は、ユベントスのライセンスを収録する唯一の家庭用ゲームになるそうで、同ゲームにはチーム名や選手、最新ユニフォーム、スタジアムが実名で収録。

アンバサダーのピャニッチをはじめ、クリスティアーノ・ロナウド、ディバラ、ドウグラス・コスタ、キエッリーニ、ブッフォンら17選手が高精細3Dスキャンによりよりリアルに収録。またレジェンドのネドヴェドもmyClubレジェンドとして登場します。

ホームスタジアム「アリアンツ・スタジアム (ユヴェントス・スタジアム)」も細部に至るまで美麗に再現して独占収録されます。

EA SPORTSとの契約を終え、コナミを新たなパートナーに選んだユベントス。今後3年間は『ウイイレ』内に独占的に登場することになります。

FIFAシリーズへの影響

EAは25年ぶりユベントスを失い、『FIFA 20』には“Piemonte Calcio”という偽名で収録。選手名や容姿は影響を受けませんが、エムブレムやユニフォームはEAデザインの架空のものが使用されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で