任天堂、サブスクリプションサービスは今後さらに充実させていきたい

Nintendo Logo 任天堂ロゴ

映画・音楽・電子書籍の利用し放題だけでなく、飲食や家電、自動車、ファッションなど様々な分野へ広まっている定額制「サブスクリプションサービス」。家庭用ゲームにおいてもこうした課金形式のサービスが増えていますが、任天堂はこのサブスクリプション形式のビジネスモデルをどのような形で採用していこうと考えているのでしょうか。

任天堂の第79期 定時株主総会にて、サブスクリプションに対する考え方、どのような形で採用していくのかが質問されていました。

Q5 現在、サブスクリプション(期間課金)型のビジネスモデルを展開しているゲーム会社もあるが、任天堂は他社に後れをとっている。今後、このビジネスモデルをどのような形で採用していくのか。

A5 古川:
サブスクリプション型のサービスは、ゲームに限らずいろいろなビジネスで一般的になってきています。ゲーム業界でも既にそういったサービスは行われており、先日の E3 ショウでも、業界内で大きな話題になっていました。当社も(サブスクリプション型のサービスである)「Nintendo Switch Online」の会員様に対し、ファミコンのゲームを遊んでいただける「ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online」というサービスを提供しており、このようなサービスを今後さらに充実させていく必要があると考えています。当社の方針としては、提供するコンテンツごとに、サブスクリプションに向いているか、向いていないかを検討しながら、今後のビジネス展開を進めてまいります。

via: 「第79期 定時株主総会 質疑応答」(PDF:417KB)

任天堂・古川俊太郎社長はサブスクリプション型サービスについて、ゲームに限らず様々なビジネスで一般的になってきているという認識を示した上で、任天堂自身もNintendo Switch Online会員に対して『ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online』というサービスを提供していると回答。加えて、こうしたサービスを今後さらに充実させていく必要があると説明します。

ただ何でもかんでもサブスクリプションに対応していくというわけではなく、提供するコンテンツごとに、向いているか向いていないかを検討しながら、今後のビジネス展開を進めていく方針であるとしています。

Nintendo Switch Onlineのサービス内容をさらに充実させ、それに対応する上位プランを用意したり、あるいはまた別のかたちで、例えば過去ハードのソフトを定額制で遊べるようにしたりなど、いろいろな展開が考えられます。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。