Nintendo Switchソフト『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』のバージョン3.0にあわせ、Nintendo Switch Online アプリに追加された『スマプラス』というゲーム連携サービス。ユーザーが投稿した動画やステージなどを閲覧したり、「スピリッツセット」を作成し、ゲームに反映したりすることができます。このサービスの開発を、はてなが任天堂と共同開発したことが発表されています。

はてなが任天堂とNintendo Switch Onlineにおいてゲーム連動サービスの共同開発を行ったのは、『イカリング2』に続いて2例目となります。

「スマプラス」ははてなと任天堂の共同開発

2008年にはじまった任天堂との協業事業「うごメモシアター」「うごメモはてな」をはじめ、「Miiverse」「イカリング2」と共同開発実績を重ねているはてな。

『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』においては、ゲーム内の「ニュース・お知らせ機能」の開発に協力しています。

そして4月18日に配信されたバージョン3.0で追加され、Nintendo Switch Online アプリで利用可能になった『スマプラス』というゲーム連動サービスも、はてなと任天堂の共同開発であることが明らかになりました。

『スマプラス』は『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』と連動したNintendo Switch Online アプリ内で利用できるソーシャルサービスです。ゲーム内機能を使って世界中のユーザーが作成および投稿した「プレイ動画」や「画像」「ステージ」などを閲覧することができます。気に入ったステージをゲーム内にダウンロードして遊ぶことも可能。

また、ゲームに登場する「ファイター」を強化できる「スピリッツセット」を閲覧したり、新規のセットを「スマプラス」内で作成し、それをゲームに反映することもでき、外出中でも『スマブラSP』に触れることができます。

はてなは今後も、「「はてなブックマーク」や「はてなブログ」などの大規模な個人ユーザー向けWebサービスで培ってきた高度な技術力と豊富な運営ノウハウを切りふだに、任天堂のサービス開発を支援していく」としています。今後もNintendo Switch Onlineアプリに追加されるゲーム連動サービスははてなが関わっていくのかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で