【Switchオンライン】期間途中で「個人」から「ファミリー」にプラン変更はできる?

『スプラトゥーン2』や『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』『あつまれ どうぶつの森』のオンラインプレイなど、Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)のオンラインサービスを利用するときに必要となるのが Nintendo Switch Online (有料)。

最初は 1 人で加入したけれど、家族もスイッチで遊ぶようになり、複数人でオンラインプレイを利用するとなったときは、個人プランを人数分加入するよりもファミリープランを選択するほうがお得です(個人プラン 1 アカウントあたり 12 か月 2,400 円 / ファミリープラン最大 8 アカウントまで 12 か月 4,500 円)。

この記事では、自分の個人プランの残り利用期間は残っているけれど、途中でファミリープランへ移行できるのか。またその逆はできるのか?という悩みについて紹介しています。

個人プランからファミリープランへ、期間途中で変更できる?

結論から言うと可能です。

18歳以上のニンテンドーアカウントの場合、ニンテンドーeショップ/マイニンテンドーストアで、ファミリープラン利用券を購入することで乗り換えできます。

余っている日数の扱いはどうなる?

個人プランの残りの日数は「1日あたり6円」としてファミリープラン購入時に割引されます(個人プランは期間によって1日にあたりの料金が異なりますが、個人プランの券種にかかわらず1日あたり6円として計算されます)。

  • 移行する際、個人プランの残り日数を「1日あたり6円」で割引

たとえば個人プランの利用期間が残り 30 日の時点でファミリープランへ移行したとき、「30 日 × 6 日 = 180 円」が割引され、通常4,500 円のところ4,320 円で購入できるといった具合です。

またこのとき、30 日ぴったりなんてことはあまりなく、24 時間未満の端数がでることがほとんどかと思います(残り 30 日 12 時間など)。そのときは 1 日に満たない分が個人プランとして残りの時間(この場合 12 時間)が消費されます。24 時間未満の部分はファミリープランの利用期間と並行して減少していきます。最大 23 時間重複しますが、残念だけれどもここはやむをえないものとしてご理解ください。

このようにして、個人プランからファミリープランへ移行するときは個人プランの残りの期間分が割り引かれ、ファミリープランへと移行します。

仮に個人プラン 12 か月券を購入した直後にファミリープランへ移行したくなったときでも、「364 日 * 6 円 = 2184 円」分が差し引かれた金額となり、この補填があるおかげで、ほとんど損をしないかたちでファミリープランへ移行することができます。

ファミリープラン利用券の購入が完了すると、ファミリープランとしての期間がスタート。個人プランの残り利用日数は 0 日となり、個人プランでいくら残り期間があったとしても、ファミリープランとして 12 か月新たな残り期間で再度残り期間が計算されます。

なお、個人プランで残り 750 日以上残り日数があった場合、ファミリープランへ無料で移行することができます(ファミリープラン 4,500 円 – 残り 750 日 × 6 円 = 0 円となるので)。

ただこのときもファミリープランの購入が完了した時点で個人プランの残り日数は 0 日となるため、個人プランをまとめて購入し、残りの利用期間が 751 日以上あるときは移行のタイミングにご注意ください。残り期間が 751 日以上であってもファミリープランの料金以上の割引はなく、返金もされません。

ファミリープランから個人プランへプラン変更はできる?

ファミリープランから個人プランへプラン変更はできません。

ファミリープラン加入中は、個人プラン利用券を購入することはできません。

そのため、個人プランへ移行したい場合は、ファミリープランの利用期間が終了したあとで、更新せず、個人プラン利用券を購入し、適用することになります。

  • 個人プラン → ファミリープランへ乗り換えは可能
  • 残り日数は「1日あたり6円」として購入時に割引
  • 逆に、ファミリープラン → 個人プランへの変更はできません

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。