任天堂が2017年3月3日に発売した家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」の国内累計販売台数が、2017年3月3日~2018年9月2日週で500万台を突破しました(ファミ通調べ)。発売から約1年と6か月、79週目で達成しています。

スイッチ用ソフトのトップ売上は『スプラトゥーン2』で262万本。2位は『スーパーマリオ オデッセイ』で179万本となっています。以下、3位『マリオカート8 デラックス』(174万本)、4位『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(107万本)までの上位4作品がミリオンセラー。5位の『星のカービィ スターアライズ』は59万本強を販売しています。

Nintendo Switch の国内販売台数が累計500万台を突破

ニンテンドースイッチ 国内累計販売台数(推定)

集計期間:2017年3月3日~2018年9月2日/販売週数:79週

国内推定累計販売台数:500万7,368台

ソフト累計売上 トップ5

集計期間:各発売日~2018年9月2日

1位:スプラトゥーン2(任天堂)2017/7/21発売
推定累計販売本数:2,621,928本

2位:スーパーマリオ オデッセイ(任天堂)2017/10/27発売
推定累計販売本数:1,788,228本

3位:マリオカート8 デラックス(任天堂)2017/4/28発売
推定累計販売本数:1,738,502本

4位:ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(任天堂)2017/3/3発売
推定累計販売本数:1,065,780本

5位:星のカービィ スターアライズ(任天堂)2018/3/16発売
推定累計販売本数:591,721本

別の集計期間、メディアクリエイトの方では同期間で497万台。来週にも500万台を突破する見通しです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で