1月13日の「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」にて、開発タイトル数は “50社を超えるメーカーから80以上” と言われていた Nintendo Switch 対応ソフトですが、1月末時点ではさらに増加しており、参入メーカーは70社以上、対応ソフトは100タイトル以上になっていることが明らかになりました。

Nintendo Switch の参入メーカーは70社を超え、開発中タイトルは100以上

この数字は任天堂・君島辰巳社長が明らかにしたもので、1月13日のプレゼンテーション直後から Nintendo Switch 向けにゲームを開発したいとの引き合いが増えているとのこと。

そのため、プレゼンで発表された「ソフトメーカー50社以上、80タイトル以上」という数字はもはや過去のものとなり、現在は「ソフトメーカー70社以上、100タイトル以上」に増加しているということです。

実際、情報解禁のタイミングを待っていたソフトだけでなく、海外のインディーデベロッパーを中心に対応ソフトが発表されていますし、参入メーカーが増えていることを感じます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible