Blizzard Entertainment は16日、ハック&スラッシュアクションRPG『Diablo III: Eternal Collection』を任天堂の家庭用ゲーム機 Nintendo Switch で発売すると発表しました。発売時期は2018年秋で、価格は59.99ドル。Blizzardタイトルが任天堂プラットフォームに登場するのは、海外ゲームボーイアドバンスでいくつかのクラシックアーケードシリーズを発売して以来約15年ぶりとなります。

“Eternal Collection” と名付けられた本パッケージには、『Diablo III』の本編に加えて、拡張パック『Reaper of Souls』と『Rise of the Necromancer』が収録。7つのクラスと5つのアクト、長く遊び続けられるアドベンチャーモードを網羅する、オールインワンパッケージとなっています。

スイッチ版では、アドベンチャーモードは最初のキャンペーンモードをクリアせずともプレイ可能になりました。

紹介映像

Nintendo Switch 版の特徴

操作面では、Joy-Con操作(片方のJoy-Conでもプレイ可)に加えて、Nintendo Switch Proコントローラー操作にも対応。最大4人同時プレイに対応しており、Nintendo Switch 1台を共有してや4台のスイッチを持ち寄って、あるいはTV画面と携帯モードを組み合わせて遊ぶことも可能。オンラインで遠くの友達と遊ぶこともできます(Nintendo Switch Onlineへの加入が必要)。

ディアブロ × ゼルダの伝説

Nintendo Switch 版の独自要素として、任天堂『ゼルダの伝説』とのコラボレーションが実現。ゼルダシリーズでおなじみの鶏「コッコ」がペットとして登場するほか、ポートレートフレームにはトライフォースが追加。さらに、ガノンドロフになれる防具やウィッグも入手することができます。このガノン装備は『ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス』のデザインがベース。

画質

解像度は、テーブルモードおよび携帯モードでは「720p」、TVモードでは「960p」で表示。いずれも秒間60フレームの60fpsで安定して動作するということです。

日本版は発売される?

なお今回の『Diablo III: Eternal Collection』は海外向けに発表されたものですが、ニンテンドーeショップなどの商品情報によると、本作には日本語も収録。国内版の正式発売も期待したいところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で