【プライムビデオ】通信量を気にせず外出先でもAmazon Prime Videoを楽しむ方法

最初は配送オプションやプライムデーのタイムセールへの先行参加目当てに加入したAmazonの有料会員サービス「Amazonプライム」。最近は、追加料金がかからないにもかかわらずどんどん充実していく音楽聴き放題や動画見放題の「Prime Video」といった特典を多く利用しています。

これら特典はスマホでも利用可能ですが、特にプライム・ビデオを外で見ようとすると、あっという間に契約プラン上限に達し、通信速度が128kbpsなどに制限されてしまいます。通信速度の制限がかかると、プライム・ビデオはおろか普段のウェブ閲覧すら困難に。

追加容量を購入して解決することもありますが、できればスマホの通信料金は抑えめにしておきたいということで、通信速度制限に引っかからずAmazonプライム・ビデオを視聴する方法を調べてみました。

自分のデータプランや月々の使用量を確認:何GB使える?使ってる?

まずは、自分が契約しているデータプランや使用量が1か月にどの程度のサイズなのか、通信量を確認しておきましょう。プライム・ビデオを使っていないときを普段の使用量とすると、それとデータプランとの差がプライム・ビデオに充てられる通信量になります。

僕が契約しているのは月3GBまでのプランで、実際に使用している月間使用量は2GB強。Wi-Fi環境下にいることも多いのですが、移動中にスマホを触っていたりすると、自分で考えている以上に使ってしまっています。

契約している3GBを超過すると通信速度制限がかかり、auの場合は送受信最大128kbpsまで下がってしまいます。

メールはまだなんとかなりますが、動画はもちろん、ウェブサイトも快適には見られなくなってしまいます。かなり遅い。こうなると、翌月まで待つか、追加容量をチャージするかしかありません。緊急時のために少し追加することもありますが、できれば使わずに、制限前の段階でとどめておきたいものです。

ストリーミング視聴を Wi-Fi のみに設定

Amazonプライム・ビデオの動画コンテンツは、通常ストリーミング配信で視聴します。ストリーミングは動画の再生方式の1つで、おおまかに動画ファイルをダウンロードしながら同時に再生する方式のことをいいます。ユーザーは、ダウンロード完了するまでの待ち時間なくコンテンツの視聴が可能です。

Amazonプライム・ビデオでは動画のストリーミング再生にどの程度の通信量が必要なのでしょうか。必要サイズの目安は、アプリから確認することができます。

「プライム・ビデオ」アプリ>「設定」>「ストリーミング再生・ダウンロード」を選択。
「ストリーミングの質」を選択。

「ストリーミングの質」では、デフォルトのストリーミングの質を選択することができます。質を上げると必要なデータ量が多くなり、下げると少なくなります。目安は次のとおりです。

  • 最高:1時間あたり約5.8GB
  • 高:1時間あたり約1.8GB
  • 中:1時間あたり約0.6GB

つまり、僕が契約している3GBまでのプランだと、完全にプライム・ビデオだけに契約通信量を使った場合でも、「中」の動画を約5時間みるのが精一杯。「高」では2時間もたず、「最高」の場合は30分経たずに月の制限となってしまいます。最近は20GBとか30GBだとか、モバイル通信も大容量のプランが出てきていますが、ストリーミング再生ばかり使っていると、その容量でも厳しくなってきます。

なのでモバイル通信ではストリーミング再生をしないよう設定。

「ストリーミング再生・ダウンロード」には「Wi-Fiのみでストリーミング」という項目があります。これをオンにしておくとモバイル通信を使わず、Wi-Fi環境下でのみ動画をストリーミング再生するよう設定することができます。これで通信量を節約することができます。

アプリならダウンロードしておける

「ストリーミング再生・ダウンロード」とあるように、Amazonプライム・ビデオは動画をダウンロード保存しておける機能があります。ダウンロードする動画の質は「最高」「高」「中」の3段階あり、質を上げると必要なデータサイズが大きく、ダウンロード完了までの時間が長くなります。ダウンロードする際のサイズの目安は次の通りです。

  • 最高:1時間あたり約0.9GB
  • 高:1時間あたり約0.6GB
  • 中:1時間あたり約0.3GB

ダウンロード保存はストリーミング再生よりもかなり軽くなっています。ダウンロード保存なので、通信量だけでなくスマホやタブレットの空き容量を確保しておかなくてはなりませんが。ストリーミングよりも軽くなっているとはいえ、何本もダウンロードするとあっという間に通信量上限に達してしまいますから、ここも「Wi-Fiのみでダウンロード」設定をオンにして節約。

動画のダウンロードはWi-Fi環境で

外出先でAmazonプライム・ビデオを利用するときは、あらかじめダウンロード保存しておくと、月間通信量の残量を気にせず動画を楽しむことができます。ダウンロードするときはスマホのモバイル通信ではなく、自宅の回線などを使ってDLするのがオススメ。

iPhone に iPad に Mac に、さらには Nintendo Switch やニンテンドー3DS、Wii Uもまだ現役の我が家では光回線を引いています。ポケットWi-Fiを検討したこともありましたが、ゲームも動画も音楽も楽しみたいので、通信量制限のない固定回線がやはり必要です。

まとめ

まとめると、Amazonプライム・ビデオのスマホ通信量を節約したい場合は、ストリーミングもダウンロードもできるだけ Wi-Fi 環境で使う。事前に見たい動画がわかっているときは、外出前に自宅の固定回線などを使ってダウンロード保存しておく。ということですね。

音楽も映像もストリーミングサービスが主流になっているものの(音楽ならApple Music や Spotify、AWAなど。映像ならAmazonビデオやHulu、Netflix、U-NEXTなど)、まだそれらを思い切り楽しめるだけのスマホのデータプランが出ていないのが実情です。

ストリーミング再生の設定でWi-Fiを利用したり、自宅の固定回線を活用して事前ダウンロードしておくことで、配信サービスの利用で通信速度制限に引っかかることも減るかと思います。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。