【比較】『リトルナイトメア』Nintendo Switch版の特徴や他機種版との違い

LITTLE NIGHTMARES-リトルナイトメア- Deluxe Edition

バンダイナムコエンターテインメントから2018年6月7日、『LITTLE NIGHTMARES-リトルナイトメア- Deluxe Edition』が発売されました(海外版は2018年5月18日)。

『リトルナイトメア』は、「胃袋(モウ)」の名を持つ謎めいた巨大船舶に囚われた幼い少女「シックス」を操作し、パズルを解きながら、危険が潜む船からの脱出を試みるアクション×パズル×アドベンチャー。公式ジャンルは“サスペンスアドベンチャー”とされています。

開発したのはスウェーデンのデベロッパー Tarsier Studios。『LittleBigPlanet』シリーズのDLCや『Vita』、『Tearaway Unfolded』の開発等で知られています。

奇妙で少し不気味でそのなかに可愛らしさも感じられる(ティム・バートン映画のような)、怖いけど先を見たくて進めたくなる絶妙な緊張感の死に覚えゲーです。

Nintendo Switch版は『デラックスエディション』として発売。スイッチ版と同時にPS4版も『デラックスエディション』が登場しました(PS4版はパッケージ版のみ)。

このページでは『デラックスエディション』は通常版からどこが変わったのか、またスイッチ版とPS4版の違いについて紹介しています。

“デラックスエディション”の特徴

『LITTLE NIGHTMARES-リトルナイトメア- Deluxe Edition』は、ゲーム本編に加えて PlayStation Store で配信中のダウンロードコンテンツを収録した完全版のようなバージョンです。

追加ストーリー「Secrets of The Maw」が第1弾〜第3弾まで収録されているほか、ゲーム内アイテムも2種「かかしのマスク」「逆さまのティーポットマスク」収録。Nintendo Switch版ではさらに、『amibo パックマン』に対応しており、タイトル画面でタッチすると「パックマンのマスク」を手に入れることができます。

スイッチ版とPS4版の違い

スイッチ版もPS4版もゲーム部分の収録コンテンツに大きな差異はありませんが、一部の仕様が異なっています。

 SwitchPS4
解像度TVモード : 720p
携帯モード : 720p(アップスケール)
1080p
フレームレート30fps30fps
セーブデータシックス編・キッド編で別々のセーブデータを作成可能シックス編・キッド編共通で1つ
マスクシックス・キッドとも装備可能シックスのみ
amiiboパックマンに対応

ゲーム仕様の違い

「Secrets of The Maw」を遊ぶ際、PS4版は「The Depths-深淵-」「The Hideaway-ひみつの部屋-」「The Residence-静寂のアトリエ-」いずれかからプレイ可能なのに対して、スイッチ版は「The Depths-深淵-」からに限られます。

またセーブデータはPS4版がシックス編とキッド編共通で1つ、スイッチ版はシックス編とキッド編それぞれでセーブデータを作成することができます。マスクの装備はPS4版がシックスのみ。スイッチ版はシックスに加えキッドも装備可能です。

スイッチ版特典と言えそうなのは『amiibo パックマン』への対応。タッチすると「パックマンのマスク」を入手できます。

解像度・フレームレートの違い

パフォーマンス面ではより高性能なPS4の方が快適に遊ぶことができます。解像度はPS4版が1080p、スイッチ版は720pとなっています。携帯モードではアップスケールによる720p表示に対応。PS4 Proでは解像度がより向上し、最大60fpsでプレイ可能です。

またロード時間も差があることが指摘されています。リトライ時、PS4版は数秒なのに対し、スイッチ版は数十秒(20〜30秒ほど)待たされることになります。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。