【リトルナイトメア】開発元はシリーズ完了を伝え、IPを所有するバンダイナムコは継続を示唆

リトルナイトメア

2017年に発売されたサスペンスアドベンチャー『LITTLE NIGHTMARES-リトルナイトメア-』の続編『リトルナイトメア2』がついに完成。Nintendo Switch や PlayStation 4 などで 2021 年 2 月 10 日より順次リリースされました。

前作に引き続いて開発元である Tarsier Studios は海外メディア IGN に対して、この2作をもってシリーズが完了したことを報告。

しかしながら IP を所有しかつパブリッシャーでもあるバンダイナムコエンターテインメントは今後も『リトルナイトメア』シリーズの開発を継続したい考えでいるようです。

Tarsier の親会社である Embracer は、Tarsier が新しい IP の開発に焦点を当てていると発表。さらに Tarsier の CEO である Andreas Johnsson 氏は IGN の取材に対し、同社がもはや『リトルナイトメア』シリーズを開発しないことを意味すると明らかにしました。

“過去 6 年間、 Tarsier Studios での私達のミッションは魅惑的な世界を作り上げることでした。『リトルナイトメア』は私達の最初の試みであり、そしてそれは非常に大きな成功を収めました。

個人的に、『リトルナイトメア』が世界中を魅了してきたこの 4 年にはとても思い入れがあります。ファンアートからファンによる広範な考察、リアルな反応などを目撃することはとても素晴らしいものでした。

バンダイナムコエンターテインメント・ヨーロッパとのコラボレーションにもとても満足しています。彼らは我々のクリエイティブ・ビジョンに耳を傾けてくれましたし、クレイジーなアイデアや野心も汲んでくれました。”

“そうした経験を経て、『リトルナイトメア』の世界を後にすることを発表するのはほろ苦さも感じます。『リトルナイトメア』はスタジオの私たちにとっていつも愛しい存在です。

2019 年 12 月に Embracer Group に買収されて以降、今こそ新しいチャプターへ着手し、新しい IP を作り、新しい世界へ進むときがきました。

個人的にはスタジオが作る新しいものを楽しみにしていますし、ファンの皆さんをお迎えできる日を心待ちにしています。”

バンダイナムコの担当者は「現時点で発表できることは何もありません」と回答。ただ「『リトルナイトメア2』の発売で世界中のファンから多くの愛情をいただき、将来的に多くのコンテンツを提供するエネルギーをいただきました」と付け加えています。

今後の『リトルナイトメア』シリーズに Tarsier が開発に関わるのかどうかは不明ですが、少なくともバンダイナムコ側はシリーズをここで終わらせるつもりはないようです。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazon のボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書など約 40 万冊がラインナップ。

月額 1,500 円の会員になって 12 万以上のタイトルを聴き放題で楽しむことができるほか、各タイトルを単品購入することも可能。

聴き放題の対象はオーディオブックやニュース番組、トーク・お笑いを含むポッドキャストなど。Audible だけのオリジナル作品やオリジナルポッドキャストも配信。

本は、聴こう。Audible で聴き放題。