『Nintendo Labo』が他のスイッチソフトへ対応開始、『マリオカート8 デラックス』では「バイクToy-Con」がコントローラーに

4月に発売された、Nintendo Switch とダンボール製工作キットを組み合わせて遊ぶ任天堂の新たな提案『Nintendo Labo (ニンテンドーラボ)』。「Toy-Con (トイコン)」と呼ばれるコントローラーは、これまで主にセットに付属しているソフトで遊ぶためのものでしたが、他の任天堂ソフトにも広がりを見せ始めました。

任天堂は26日、『Nintendo Labo』の Toy-Con の1つである「バイクToy-Con」が、『マリオカート8 デラックス』に対応したことを発表しました。手首をひねってのアクセルや身体を傾けてのコーナリングなど、まさにバイクの乗り心地でマリオカートを遊ぶことができるようになります。

Nintendo Labo × マリオカート8 デラックス:バイクToy-Conで遊べる

任天堂から、『Nintendo Labo バラエティキット』で作れる「バイクToy-Con」が『マリオカート8 デラックス』に対応したことが発表されました。「バイクToy-Con」は『Nintendo Labo バラエティキット』に収録される5種類のToy-Conの1つ。組み立てることで、ラボに収録されているバイクソフトを、ハンドルをひねってアクセル、ハンドルを左右に傾けてカーブといった直感的な操作で遊ぶことができます。

『マリオカート8 デラックス』にはカートのほかにバイクが収録されていますが、今回のToy-Con対応によって『Nintendo Labo』と同じバイクの直感操作が実現。これまでのボタン操作やハンドル操作に加えて、ラボ的なモーションコントロールでマリオカートを遊ぶことができるようになりました。

「バイクToy-Con」操作は、6月26日より配信されている「Ver.1.5.0」を適用することで行えるようになります。最大4人分のToy-Con操作に対応。Toy-Con操作時は視点がキャラクターの背中越し視点となり、より臨場感がアップ(方向ボタンの下を押して通常視点に戻すこともできます)。

『Nintendo Labo』は今回『マリオカート8 デラックス』への対応をはたした「バイクToy-Con」を含む5種類のToy-Conを作って遊べる『Toy-Con 01: Variety Kit』と、ロボットToy-Conを作って遊べる『Toy-Con 02: Robot Kit』が発売中。『Nintendo Labo』ソフトを既に持っていて追加で「バイクToy-Con」のダンボールシートがほしい、あるいは「バイクToy-Con」のダンボールシートだけがほしいという場合は任天堂パーツ販売で購入することができます。

さらに多くのソフトがToy-Con操作に対応へ

任天堂の発表によると、『マリオカート8 デラックス』は『Nintendo Labo』以外のToy-Con操作対応ソフト第1弾。今後も対応ソフトは拡大していく予定だということです。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。