先日明らかになった、テクノスジャパンがかつてスーパーファミコンで発売した『初代熱血硬派くにおくん』と『リターン オブ ダブルドラゴン』のレプリカパッケージ。

スーパーファミコン実機や互換機で動作する公式レプリカソフトという触れ込みですが、テクノスジャパンタイトルからさらに、『新 ・ 熱血硬派くにおたちの挽歌』と『くにおくんのトリプルプレー』(ドッジボールだよ全員集合、熱血べーすぼーる物語、くにおのおでんを1パッケージにまとめたコレクション)のレプリカパッケージも発売となることが明らかになりました。

発売日は『新 ・ 熱血硬派くにおたちの挽歌 レプリカパッケージ』が2018年7月26日、『くにおくんのトリプルプレー レプリカパッケージ』が2018年8月9日予定。価格はいずれも6,458円(Amazon.co.jp の参考価格)。

一連のテクノスジャパンタイトルのレプリカパッケージは、ロサンゼルスに拠点を構え、Retroism ブランドでクラシックタイトルの復刻に取り組むなどしている Tommo (トモ) 社によるオリジナル商品です。スーパーファミコンで動作する公式レプリカソフトとされており、箱とカセットは原版を再現。ソフトもエミュレーターは使用していません。おまけとしてコレクターズカードがついてきます。

『初代熱血硬派くにおくん』と『リターン オブ ダブルドラゴン』に続いて2本のテクノスジャパンタイトルも、彼らによって復刻されます。

新・熱血硬派 くにおたちの挽歌

『新・熱血硬派 くにおたちの挽歌』は、1994年にスーパーファミコンで発売された、くにおとりきが活躍するベルトスクロールアクションゲーム(ケンカアクション)。テクノスジャパンが発売した「くにおくんシリーズ」としては最後の横スクロールアクションゲームです。

無罪の罪で少年院に収容されてしまったくにおとりきが、真犯人を突き止めるために奔走。シリーズの中でもシリアスなストーリーが描かれます。グラフィックは『初代熱血硬派くにおくん』から少し頭身が下がっって4頭身に。

くにおくんのトリプルプレー

『くにおくんのトリプルプレー』は、1993年に発売された『くにおくんのドッジボールだよ全員集合!』と『ダウンタウン熱血べーすぼーる物語 野球で勝負だ!くにおくん』の2本のスポーツゲームと、1994年に発売されたパズルゲーム『くにおのおでん』、計3ゲームを1本にまとめたコレクション版。スーファミ当時、こうしたパッケージの発売はありませんでしたが、復刻レプリカパッケージでは3本がセットになって発売されます。

『くにおくんのドッジボールだよ全員集合!』は、『熱血高校ドッジボール部』のスーファミ版新作。『ダウンタウン』シリーズのキャラクターが登場しチームを編成できるほか、オリジナルキャラクターの作成も可能。必殺シュートを合体させ、新たな必殺シュートを作り出す楽しみもありました。

『ダウンタウン熱血べーすぼーる物語』は、主人公にくにおの後輩・姿三十朗を迎えた異色作。投球や捕球、走塁、打球などで各選手が必殺技を持っていて、くにおくんシリーズらしいハチャメチャな要素を含む野球を楽しめます。2頭身くにおくんシリーズ(ダウンタウン)としては最もドット絵の完成度が高い作品。

『くにおのおでん』は、くにおくんシリーズのスーパーファミコン最後のタイトルとなった作品。「おでんの具」をつなげたりして消すおちものパズルゲームです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で