日本時間6月13日1時より、Nintendo Direct: E3 2018 が放送。『大乱闘スマッシュブラザーズ』をはじめ、2018年内に発売予定の Nintendo Switch 用タイトルを中心に、新作ソフトが多数紹介されました。

大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL

あらかじめ予告されていた通り、大部分の時間を割いて紹介されたのが『スマブラ』シリーズの最新作『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』。今回のスマブラには、過去のシリーズ4作(初代、DX、X、for Wii U/3DS)に登場した歴代のファイターが、他社キャラ、DLCキャラも含めて全員参戦。

新作の発表時、どのファイターが参戦するのか、あるいはリストラされてしまうのか。お気に入りのキャラクターの扱いが気になるスマブラですが、今回はその心配は無用です。

そしてさらに、2体の新キャラクター参戦が発表。まずは最初のトレーラーで判明している『スプラトゥーン』からインクリング、そしてずっと待ち望まれていた『メトロイド』のリドリーも参戦します。またピーチ姫のコンパチキャラとしてデイジーの参戦も決定しています。

Wii U 版で採用された8人同時プレイにも対応。

総勢66体が参戦する『スマブラ スペシャル』は2018年12月7日に発売予定。

海外タイトルは『Super Smash Bros. Ultimate』で、参戦ファイターはまさに究極のスマブラとなっています。

公式ゲームキューブコントローラー&接続タップが再発売

『スマブラ』公式コントローラーとして人気の高いゲームキューブコントローラーが、新デザインでまたまた登場。接続するには「ゲームキューブコントローラ接続タップ」が必要になりますが、GCコンと合わせ、Nintendo Switch向けの「ゲームキューブコントローラ接続タップ」として再販されます。なお、「Wii U用ゲームキューブコントローラ接続タップ」をお持ちの場合は、そのまま使うことができます。

ファイアーエムブレム最新作 “風花雪月 (ふうかせつげつ)”

以前より、ニンテンドースイッチ向けに開発中であることが発表されていた、ロールプレイングシミュレーション『ファイアーエムブレム』シリーズ最新作の映像が、タイトルとともに初公開。最新作のタイトルは『ファイアーエムブレム 風花雪月』に決定しました。2007年に発売された『暁の女神』以来となる据置型ゲーム機向け『FE』は2019年春に発売予定。

伝統の『FE』らしさは健在のようですが、今回はユニットが多数の兵士を率いている様子も確認できます。

モンスターボール Plus は「ミュウ」入り

11月に発売予定の『ポケットモンスター』最新作『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ / Let’s Go! イーブイ』。コモンスターボール状デバイス「モンスターボール Plus」をコントローラーとして使い、ポケモントレーナーになりきって冒険を楽しめますが、この「モンスターボール Plus」の中には最初からポケモンが1体入っており、そのポケモンが幻のポケモン「ミュウ」であることが明らかになりました。

ミュウは『Let’s Go! ピカチュウ / イーブイ』においても、通常のプレイでは手に入れることができない特別なポケモン。「モンスターボール Plus」から『Let’s Go! ピカチュウ / イーブイ』に連れて行くことができ、他のポケモンと同じように一緒に冒険することができます。

Fortnite (フォートナイト) がスイッチに対応

噂は現実に。大人気の『Fortnite (フォートナイト)』が遂に Nintendo Switch で登場。6月13日6時より、ニンテンドーeショップにて配信がはじまりました。基本プレイ無料です(一部有料コンテンツあり)。『Fortnite』のフルコンテンツを、スイッチならではの自分の遊び方で楽しむことができます。

『アーマード・コア』スタッフらによる新規メカアクション

「Nintendo Direct E3 2018」のオープニングを飾った『DAEMON X MACHINA(デモン エクスマキナ)』は、『アーマード・コア』シリーズのスタッフが開発する完全新作のメカアクションゲーム。

弾道飛び交う戦場の緊迫感、奥深いメカカスタマイズなど、メカアクションゲームの醍醐味を全て盛り込み新構築された完全新作。スイッチならではの多様なプレイスタイルにも対応しており、まさに、メカアクションゲームの歴史に新たな1ページを刻む内容になっているとのこと。

2019年に発売予定。

スーパーなマリオパーティ

定番パーティゲーム『マリオパーティ』が、Nintendo Switch で “スーパー” に。TVモードで4人で遊ぶのはもちろんのこと、テーブルモードでもスイッチ本体が2台あれば、Joy-Con をおすそわけして最大4人で遊ぶことが可能です。収録ミニゲームは80種類。メインのすごろくはシリーズの原点に立ち返って最大4人で対戦。また新モード「トイパーティ」は2台のスイッチ本体をつなげて遊ぶ、ユニークなプレイスタイルのゲームを楽しめます。以前に特許申請が明らかになった、複数台のタッチスクリーンを組み合わせて相互通信する技術は、ここで使われているようです。

『スーパー マリオパーティ』は2018年10月5日に発売予定。

ドラゴンボール ファイターズ for Nintendo Switch

『ドラゴンボールゼノバース2』もまだまだ人気ですが、もう1つの『ドラゴンボールZ』格闘ゲーム『ドラゴンボール ファイターズ』もニンテンドースイッチ版が発売決定。アニメさながらのグラフィックでドラゴンボールバトルを楽しむことができます。他機種からの移植だけにとどまらず、独自の要素も搭載される予定です。

スイッチ版『ドラゴンボール ファイターズ』は2018年内に発売予定。

インディーデベロッパーのサポート

Nintendo Switch の1つの特徴となっている、インディーデベロッパーからのサポート。E3ダイレクトでは今後発売されるインディータイトルの一部が紹介されました。人気クッキングアクションパズル『オーバークック』の続編『Overcooked』(ローカル通信、オンラインプレイ対応)や『Killer Queen: Black』、『Hollow Knight』が紹介されました。

ガンホーの新作マルチプレイアクション『Ninjala』

パズドラのガンホーから、スイッチ向け新作マルチプレイアクション『Ninjala』が発表。ローカル/オンラインの最大8人同時プレイに対応しています。発売は2019年春予定。

その他、主な発売予定ソフト

※発売日は米国のもの。

発売中:超回転 寿司ストライカー The Way of Sushido – 任天堂
発売中:FIFA 18 ロシア ワールドカップ アップデート – Electronic Arts
発売中:Paladins – Hi-Rez Studios
発売中:Fallout Shelter – Bethesda Softworks
6月14日:スプラトゥーン2 DLC オクト・エキスパンション – 任天堂
6月21日:Minecraft – Mojang AB
6月22日:マリオテニス エース – 任天堂
6月26日:マリオ+ラビッツ キングダムバトル DLC ドンキーコング アドベンチャー – Ubisoft
6月29日:Wolfenstein II: The New Colossus – Bethesda Softworks
6月29日:クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり! – Activision
7月13日:進め!キノピオ隊長 – 任天堂
7月13日:オクトパストラベラー – スクウェア・エニックス
8月28日:Monster Hunter Generations Ultimate (モンスターハンターXX)- カプコン
9月7日:SNKヒロインズ Tag Team Frenzy – NIS America
9月14日:ゼノブレイド2 DLC 黄金の国イーラ – 任天堂
9月28日:FIFA 19 – Electronic Arts
10月2日:ロックマン11 – カプコン
10月16日:Starlink: Battle for Atlas – Ubisoft
10月23日:Just Dance 2019 – Ubisoft
11月16日:ポケットモンスター Let’s GO! ピカチュウ / Let’s GO! イーブイ – ポケモン
2018年夏:Dark Souls Remastered – バンダイナムコエンターテインメント
2018年秋:Arena of Valor – Tencent Games
2018年秋:PixARK – Snail Games USA
2018年秋:ARK Survival Evolved – Studio Wildcard
2018年秋:Wasteland 2: Director’s Cut – inXile Entertainment
2018年秋:すばらしきこのせかい -Final Remix- – 任天堂
2018年ホリデー:Carcassonne – Asmodee Digital

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で