2017年10月27日の発売ながら、年末までに907万本を販売しニンテンドースイッチ用ソフト売上1位を記録している『スーパーマリオ オデッセイ』。非常に好調な出足となっている3Dマリオの最新作ですが、ソフトをより長く楽しめるよう、有償で追加コンテンツを配信する計画はあるのでしょうか。プロデューサーの小泉歓晃氏が海外メディアに対して語っています。

1本のソフトを長く楽しめるよう、最近は任天堂ソフトでも有料DLCの配信が増えてきました。『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』や『ゼノブレイド2』では、今後配信が予定されている追加コンテンツの利用権を予め購入するシーズンパスに該当する「エキスパンション・パス」がリリース。『スプラトゥーン』『スプラトゥーン2』『ARMS』では、無料アップデートによりソフト発売後もコンテンツが拡充されています。

『スーパーマリオ オデッセイ』も、2月中にミニゲームなどを追加する無料アップデートが計画されています。ただ、有料 DLC に関しては今のところアナウンスされていません。それでも任天堂は、有料DLCの可能性を否定しません。

Game Informer 誌のインタビューに応じた『スーパーマリオ オデッセイ』のプロデューサーである任天堂・小泉歓晃氏は、同ソフトの有料 DLC 配信に関する考えやその可能性を明らかにしました。

「『スーパーマリオ オデッセイ』には遊べる要素がたくさん詰めこまれていますが、そこが開発の大きな焦点でもあったんです」と語る小泉氏。プレイヤーが能動的に楽しめる仕組みを用意することに開発チームは精力的に取り組んだといいます。

有料 DLC に関して「今日の時点で発表できるものはありません」とする一方、「DLC展開する上で凄くよいアイデアがあるのなら、DLCについて考えるでしょう」とコメント。将来的に『スーパーマリオ オデッセイ』向け追加コンテンツを配信する可能性を必ずしも否定しませんでした。

無料アップデートにとどまらない追加コンテンツ配信を計画している、あるいは計画していたのであれば、もっと早い段階で発表されているでしょうから、今作に関しては有料配信はなさそうに見えますが、どうなるでしょうか。新しい世界が広がっていくのは見てみたいところですけれど。

2月に無料アップデート

『スーパーマリオ オデッセイ』は、2月中に無料のアップデートが予定されています。その中には、ルイージが登場する「風船探し」と「風船隠し」を楽しめるミニゲーム「バルーンファインド」やマリオの衣装、スナップモードの追加フィルターなどが含まれています。また衣装に関しては2月以降も順次追加していくとされています。コンテンツや機能の追加があるとすれば、衣装追加のタイミングに合わせて行われそうです。

スーパーマリオ オデッセイ  - Switch
スーパーマリオ オデッセイ – Switch
メーカー: 任天堂
発売日: 2017-10-27

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で