『ファイアーエムブレム無双』Nintendo Switch版は「画質重視」か「フレームレート重視」かを選べる仕様

『ゼルダ無双』に続く、コーエーテクモゲームスの『無双』シリーズと任天堂キャラクターとのコラボレーション第2弾『ファイアーエムブレム無双』。

Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ)とNewニンテンドー3DSに対応しますが、Nintendo Switch版では、解像度を優先する「画質重視」か、フレームレートを優先する「フレームレート重視」かをプレイヤーが選択できるユニークな仕様が搭載されていることがわかりました。

画質重視かフレームレート重視かを選択可能

『FE無双』は1080pのフルHD解像度かつ30fpsを念頭において開発が進められました。しかしながら開発チームは、キャラクターのより滑らかなアクションを重視するという人向けに、画面解像度は720pに下がるものの、秒間60フレーム(60fps)で動作するオプションを用意。これをゲーム内で、自分の好みに応じて選択することが可能です。

 画質重視フレームレート重視
画面解像度1080p720p
フレームレート30fps60fps

ゲームによっては解像度を少々下げてでも滑らかな動きが欲しかったりするものもありますから、解像度かフレームレートかをプレイヤーの判断で選べる、家庭用ゲーム機向けのソフトとしては珍しいオプションの搭載は面白い判断かもしれません。

大画面テレビで「TVモード」で遊ぶ場合、720pに解像度が落ちると画質が気になる場面もひょっとすると出てくるかもしれませんが、遊ぶスタイルが「携帯モード」が中心の場合は、Switch 本体のディスプレイの表示解像度は最大720p。

そのため今回の仕様だと、最も高解像度かつ滑らかな『無双』を持ち運べるということになります。なお、New3DS版に関しては30fpsでの動作となるようです。

クラシックモード/カジュアルモード

また『FE無双』には、倒れた仲間が二度と復帰しない旧来の『FE』シリーズのような「クラシック」モードと、やられた仲間が復活する「カジュアル」モードが両方搭載。遊んでいる途中で切り替えることができます。

ただし、クラシック→カジュアルの変更は可能であるものの、カジュアル→クラシックへの変更はできません。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible