【DbD】Nintendo Switch版は「5.1.0」アップデートまでクロスプレイ停止、動画キャプチャーも提供終了

Dead by Daylight

Behaviour Interactive は2021年7月27日、非対称対戦型ホラーサバイバルゲーム『Dead by Daylight』Nintendo Switch版に関する新たな情報を公開。「5.1.0」アップデートの配信開始日変更と、それに伴う影響。また動画キャプチャー機能の提供終了を発表しました。

Nintendo Switch版『Dead by Daylight』の 5.1.0 アップデートは 7 月 28 日に配信開始予定でしたが延期に。理由は「ゲームのクラッシュを引き起こす問題の解消に取り組む」ため。新しい配信日がいつになるかは、現時点でははっきりと発表できる状態にないとしています。

https://twitter.com/DeadbyBHVR_JP/status/1419711623565086727

クロスプレイが一時停止

5.1.0 アップデートの配信延期にともない、Nintendo Switch 版では 5.1.0 アップデートが配信されるまで他機種ユーザーとオンラインプレイを楽しめるクロスプレイが一時停止に。Nintendo Switch 版同士でのみマッチングするようになります。

また「学術書/リフトVIII」に関しても、5.1.0 アップデートと紐付いているため 5.1.0 アップデートが配信されるまで楽しむことはできません。この件により Switch 版ユーザーは「リフトVIII」を楽しめる期間が短くなるため、何らかの対応が検討されているようです。

このほか、5.1.0アップデートで実装予定の新スキンや配布アイテムも、5.1.0アップデート配信まで購入や受け取りを行うことができません。配布アイテムは Nintendo Switch 版向けに、後日受け取り期間を設けるとのこと。

なお 7月30日から8月3日まで開催予定のブラッドハントはNintendo Switch版でも予定通り実施されます。

動画キャプチャー機能の提供終了

5.1.0 アップデート同時に、Nintendo Switch 版では動画キャプチャー機能の提供が終了します。動画キャプチャーは Nintendo Switch 本体機能として提供されている、キャプチャーボタンを長押しすると最大 30 秒間さかのぼってゲームプレイを映像として保存できるというもの。

この機能は Nintendo Switch 本体に動画を常に保存し続けることで実現しており、そのためパフォーマンスへの負荷が大きくゲームプレイにも影響を及ぼしていたとのこと。Behaviour としては動画キャプチャーの提供を終了してでも、ゲーム全体のパフォーマンスを向上させるほうがユーザーに対しよりよいゲーム体験を提供するために有益であると判断。

5.1.0 の配信とともに、Switch 版『DbD』では動画キャプチャーは利用できなくなります。

なおスクリーンショットの撮影機能に変更はありません。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。