2013年にWii Uで発売されたオープンワールド・アクションアドベンチャーゲーム『LEGO City Undercover (レゴシティ アンダーカバー)』が、現行機種 (国内ではNintendo Switch / PlayStation 4) 向けに移植発売。オリジナル版発売から4年が経過。ハードも移行。オリジナルWii U版と現行機種版でどこが変わったのかをまとめています。

LEGO City Undercover (レゴシティ アンダーカバー) とは

オリジナル版『LEGO City Undercover (レゴシティ アンダーカバー)』は、2013年に Wii U で発売されたアクションアドベンチャーゲーム。レゴゲームを手がける TT Games の開発部門の1つである TT Fusion が開発を担当した、レゴのビデオゲームで初めて本格的なオープンワールドを採用したタイトルです。Wii U 版の販売は任天堂が担当。

人も車も、お店もレゴブロックでできた『LEGO City』シリーズの世界観でできた「レゴシティ」を舞台に、プレイヤーは警察官チェイス・マケインとなり、脱獄した凶悪犯レックス・フューリーを再び逮捕し刑務所送りにするため、様々なミッションをこなしていきます。

シャーロック・ホームズやタイタニックなど、さまざまな映画・音楽をオマージュしたジョークやユーモアが盛りだくさんで、かつレゴゲームらしいユーモアも盛り込まれている素敵なゲーム。『スーパーマリオ』など任天堂作品のオマージュネタも多数存在しています。

Wii U版の特徴


任天堂が販売を担当した Wii U 版は、Wii U GamePadをフル活用。写真を撮影したり、犯罪者スキャンに用いたり、マップ表示やナビゲーション、仲間との通信など様々な場面で操作の相棒としてGamePadが活躍します。

Nintendo Switch / PS4 版の特徴

画質の向上

現行機種に対応するにあたって、最も大きな変化は画質の大幅な向上とマルチプレイ対応。スイッチとPS4版では1080pのフルHD解像度に対応しているほか、フレームレートもより安定しました(PS4が最も安定しており、以下Switch>Wii Uの順)。様々なエフェクトが加わり最も綺麗になっているのはPS4版ですが、スイッチ版も引けを取らないくらいに美しくなっています。

ロード時間の短縮

またWii U版での大きな不満点だった起動時などで発生する長時間のローディングも現行機種バージョンでは改善され、遊びやすくなりました。

マルチプレイ対応

オリジナルWii U版では1人プレイ専用だったものの、現行機種バージョンではオフライン画面分割によるマルチプレイに対応。最大2人でレゴシティの世界を遊び回ることができるようになりました。

任天堂要素その他

移植にあたって、Wii U版よりも乗り物の数が増加。任天堂要素に関しては、スイッチ版では、Wii U版にあった要素がそのまま存在。PS4版はその部分が少し変更されています。

 Wii USwitchPS4
レゴ(R)シティ アンダーカバー - Wii Uレゴ (R) シティ アンダーカバー  - Switch
レゴ (R) シティ アンダーカバー - PS4
プレイ人数1人1 - 2人
1 - 2人
画質
解像度720p1080p(TVモード)
720p(テーブルモード、携帯モード)
1080p
フレームレート30fps30fps30fps
(屋内や特定の場面では60fps)
任天堂要素ありありなし

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で