『レゴシティ アンダーカバー』のチェイス・マケインにスポットを当てた『LEGO Dimensions』トレーラー

2013年に発売された Wii U『LEGO City: Undercover』や3DS『LEGO City Under Cover: Chase Begines』の主人公として知られるチェイス・マケイン。 『LEGO City: Undercover』は Nintendo Switch を含む現行機向け移植で再び注目を集めていますが、チェイスは2017年、レゴの世界やクリエイトの魅力を楽しめる『

レゴシティ アンダーカバー:Nintendo Switch 版と Wii U 版の違い、追加要素や変更点について

2013年に Wii U で発売された『LEGO City: Undercover (レゴシティ アンダーカバー)』が、Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) を含む現行機種で再登場。チェイス・マケインの大活躍を再び楽しむことができます。 このページでは、ニンテンドースイッチ版の Wii U 版からの追加要素や変更・改善点について紹介しています。 レゴシティ アンダーカバーとは

【比較】どこが変わった?『レゴシティ アンダーカバー』Wii U版とNintendo Switch/PS4版との違い

2013年に Wii U で発売されたオープンワールド・アクションアドベンチャーゲーム『LEGO City Undercover (レゴシティ アンダーカバー)』が、現行機種 (国内ではNintendo Switch / PlayStation 4) 向けに移植発売。 オリジナル版発売から4年が経過し、ハードも移行。このページでは、オリジナルWii U版と現行機種版でどこが変わったのかをまとめてい

『LEGO City: Undercover』、WiiU版とNintendo Switch版のロード時間比較

ロード時間が改善しているという現行機種向け『LEGO City: Undercover』(PS4/Nintendo Switch)。2013年に発売されたオリジナルの Wii U 版と比べて、実際にどれほど短縮されているのか。海外版を使った比較映像が公開されています。

現行機向け『レゴシティ アンダーカバー』はロード時間が「劇的に改善」、2人プレイ対応、Switch 版は任天堂ネタが引き続き収録

現行機種向けに、いくつかの改善や追加要素を収録して、新たに登場する『LEGO City: Undercover (レゴシティ アンダーカバー)』。2013年の Wii U 版では、ゲーム開始時などで発生する長い長いロード時間が不満につながっていましたが、この問題は再リリースに際して「劇的に改善」されているようです。

Wii U GamePadで「たくさんの新しいアイデアが開かれた」、『LEGO City: Undercover』開発のTT Games プロデューサーがコメント

ニンテンドーDS、ニンテンドー3DSと2世代続けて2画面の携帯用ゲーム機を提案する任天堂は、Wii Uで遂に据置ゲーム機へも2画面を持ち込みました。GamePadによる他機種との差別化は、ユーザーの利便性のみならずデベロッパのクリエイティビティを刺激し、さらに欠かせないデバイスとなっていくかもしれません。