任天堂は『ピクミン4』を開発中、発売時期や対応機種・内容詳細について

2013年にWii Uで発売された『ピクミン』シリーズ第3弾『ピクミン3』に続くナンバリング本編を、もうすぐ遊べるかもしれません。

任天堂の宮本茂氏は、欧州ゲームメディア Eurogamer に対して、AIアクション『ピクミン』シリーズの最新作を開発中であると明らかにしました。

Eurogamerによると、『ピクミン』最新作の開発が進められているという情報は、実は7月に行われたインタビューの中で明らかになっていたものだそう。その時点で宮本氏は『ピクミン』の次回作が順調に進んでいると述べていました。

「完成に非常に近い段階にきています。『ピクミン』チームは常に次のタイトルに取り組んでいるんです」

『ピクミン』とは

『ピクミン』は、『スーパーマリオ』や『ゼルダの伝説』『ドンキーコング』など、数多くのキャラクターやシリーズを生み出した宮本茂氏が手がけたタイトルです。

ジャンルはAIアクション。

オリマーなど主人公キャラクターについてくるピクミンの力を借りて、原生生物と戦ったり、障害物を乗り越えたり、お宝を運んだりします。

第1作目は2001年にニンテンドーゲームキューブで発売。その後、2004年に同じくゲームキューブで『ピクミン2』が、2013年にはWii Uで『ピクミン3』が発売されました。2017年、ニンテンドー3DSで横スクロールになったスピンオフ作品『Hey! ピクミン』が発売されています。

任天堂は『ピクミン』最新作の開発を進めている

Eurogamer が今度は任天堂に問い合わせたところ、正式に『ピクミン』最新作の開発が確認されました。

ただしプラットフォーム等は明らかにされておらず、現時点では“ピクミン最新作を開発中”であることが全ての情報だということです。それ以上のことは言えないとのこと。んー、残念。

『ピクミン3』の発売前に放送された「ピクミン3 Direct 2013.6.26」では、松ちゃんことダウンタウン松本人志さんからの「『ピクミン4』はいつにになるのか」という質問に対して「5年くらい後に…(苦笑)」と宮本氏。

任天堂内部では様々なソフトの開発も進んでいて、それらとのスケジュール調整もあります。あるいは完成度の面で、まだ磨きをかけなくてはという判断がくだされるかもしれません。正式発表を待ちましょう。

その後、ピクミン4はどうなった?

そして任天堂から正式発表など大きなアナウンスのないまま時間は過ぎ……。

開発が明らかになってから1年後の2016年、宮本氏は『ピクミン4』を開発していることを改めて認めています。そしてその上で、より優先度の高いプロジェクトに取り掛かっていると発言(おそらくNintendo Switch 向けのプロジェクト)。

そのため『ピクミン4』は、いったん保留状態となってしまったようです。

そしてさらにその 1 年が過ぎて 2017 年。再び Eurogamer が宮本氏へ話を聞く機会を得ています。そのなかで宮本氏は、『ピクミン4』プロジェクトがまだ生きていることを明らかにしています。

「『ピクミン4』に関しては、何も話さないように広報から言われているんです」と宮本氏。しかしそれでも、「開発が進んでいる」ことは確認できています。

もし『ピクミン4』が、『ピクミン3』と同じ 2 画面を持つ Wii U で開発されていていたのであれば、1 画面となったNintendo Switch への移行で UI などを大幅に作り直す必要がでてきそうです。TVモードではタッチ操作も使えません。

“段取り”ゲームが進化する?

『ピクミン3』では“段取り”というテーマが強調されていました。3人の主人公をそれぞれ動かす、それ以前の2作品とはまた異なる面白さがありました。3作目にしてこれぞ『ピクミン』という遊びができあがった印象。

ただ図鑑が無かったり、本編のボリューム面で不満があったり、また『2』のようにまったりと世界にひたる楽しみが薄れるなど、過去作品にあった要素が削がれ、消化不良な部分も少なからずありました。

『ピクミン4』では“段取り”要素を進化させた上で、『3』の不満点を解消し、新しい冒険を見せてくれることに期待したいところ。

Wii U と 3DS で遊べるピクミン

『ピクミン4』を待つまでの間、Wii Uではシリーズ3作品(『1』と『2』は、Wiiリモコン操作に対応した『Wiiであそぶ』シリーズとして発売中。Wii UはWii互換があり遊ぶことができます)を、ニンテンドー3DSでは横スクロールアクションとなったスピンオフ作品の『Hey! ピクミン』を遊ぶことができます。

『Hey! ピクミン』は敵などの位置関係が把握しやすい横スクロールアクションということもあり、難易度的にも遊びやすいつくりです。『ピクミン』の世界観は魅力的だけど本編はなんだかとっつきにくそうと考えているときはオススメ。

またピクミンたちの「ある日の出来事」を描いた短編アニメ『PIKMIN Short Movies』(ピクミン ショートムービー)が YouTube で配信されています(全3話、約20分のCGアニメーション)。Wii U とニンテンドー3DSで配信されていたものと内容は同じ。以前は Wii U もしくは 3DS でないと見ることはできませんでしたが、YouTube なので様々な対応デバイスから視聴可能です。

Nintendo Switch で『ピクミン3』がデラックスに!

『ピクミン3』が追加要素や便利な新機能などを収録し、デラックスになって Nintendo Switch に登場。体験版も配信中です。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible