【Echo Show 15】「Fire TV」機能が追加、大画面スマートディスプレイからより多くのコンテンツへアクセス可能に

スマートディスプレイ Echo Show 15 に Fire TV 機能が追加

スマートディスプレイ「Echo Show」シリーズで最も大きな15.6インチディスプレイを備える「Echo Show 15」。大画面化したことで見やすく、さまざまな情報にアクセスしやすくなりました。

「Echo Show 15」は大きなディスプレイで Prime Video や Netflix などの動画サービス(VOD、SVOD)を楽しんだり、Amazon Music、Apple Music、Spotify といった音楽サービスを楽しむことも可能。とはいうものの、対応サービスは「Fire タブレット」や「Fire TV」ほど多くありませんでした。

その不満を解消するアップデートが実施。「Echo Show 15」に Fire TV 機能が追加され、大型ディスプレイでもっと多くのコンテンツを利用できるようになります。「Echo Show 15」のポテンシャルを引き出すアップデートです。

Echo Show 15 に Fire TV 機能が追加

15.6インチのフルHDディスプレイを搭載するスマートディスプレイ「Echo Show 15」に、Fire TV 機能が追加。この無料アップデートにより、従来の「Echo Show」シリーズの枠を超えて、より多くのコンテンツにアクセスできるようになります。

すでに Fire TV を利用しているユーザーの場合、Fire TV で使っているプロフィールとプロフィールごとにカスタマイズされたライブラリが、そのまま Echo Show 15 の画面でも利用できるようになります。Fire TV で見られる映画やドラマなどの動画コンテンツから人気のチャンネル、アプリ、有料コンテンツなども提供されます(※一部利用できないアプリやコンテンツがあります)。

Alexa に声をかけて操作するほか、タッチスクリーンにも対応。画面をタップしてアプリやコンテンツを探すことができます。Alexa 対応音声認識リモコン(2021年発売 第3世代 以降)をペアリングして、遠隔操作することにも対応。対応リモコンは Fire TV シリーズとセット販売されているほか、単品購入が可能です。新規に Echo Show 15 を購入する方向けには Echo Show 15 とのセット販売も予定されています。

share