サッカーの試合映像は、スポーツニュースでもダイジェストを見たりできますが、欧州をはじめとする海外リーグをの試合を90分しっかりと見たい、あるいはシーズンの流れも把握したいとなると、それだけでは物足りません。有料チャンネル、サービスとの契約が必要になってきます。

欧州には5大リーグと言われるプレミアリーグ(イングランド) 、ラ・リーガ(スペイン) 、ブンデスリーガ(ドイツ) 、セリエA(イタリア) 、リーグアン(フランス)があり、さらには欧州クラブ王者(実質世界1のクラブ)を決めるUEFAチャンピオンズリーグとそれに次ぐUEFAヨーロッパリーグも存在。その他の各国リーグまで含めると膨大な数になります。

1つ契約すればすべて見られるといいのですが、放映権契約などの事情もあり、なかなか難しいようです。どのサービスと契約すればどのリーグを見られるようになるのか。DAZN やスカパー!、WOWOW、J SPORTS など主要チャンネルを中心に調べてみました。

以前なら、海外サッカーを見るには、スカパー!やWOWOW、J SPORTSといったサービス・チャンネルが有名でした。ところが2017年の「DAZN (ダ・ゾーン)」の本格サービス開始によって状況は一変。Jリーグも含め、サッカーの試合をライブで楽しみたいのであれば、ほぼ DAZN 一択という状況になっています。

サッカー各国リーグ 主な放送チャンネル(18/19シーズン対応版)

 DAZNスカパー!WOWOWJ SPORTS
UEFA CL
UEFA EL
イングランド プレミアリーグ
スペイン ラ・リーガ
ドイツ ブンデスリーガ
イタリア セリエA
フランス リーグアン
その他
日本 Jリーグ

DAZN:Jリーグも海外サッカーも

2017年、本格的に日本国内でのサービスがはじまったのが、スポーツに特化した動画配信サービス「DAZN (ダ・ゾーン)」。開始当初は途中で映像が止まってしまうなどの問題も散見されましたが、徐々にサービスの質は改善され、快適な視聴ができるようになっています。

ソフトバンクのスポナビライブのサービス終了に伴い、プレミアリーグとラ・リーガ(リーガ・エスパニョーラ)はリーグ戦全試合が中継されています。

スマホやタブレット、PC/Macのほか、対応テレビやゲーム機、ストリーミングデバイスを通じてテレビの大画面でも迫力ある映像でスポーツ中継を楽しむことができます。

DAZNは月額1750円。ドコモユーザーなら月額980円で加入できます。初回1ヶ月は無料お試し期間つき。

スカパー!

DAZNの登場によりサッカーコンテンツが薄くなってしまったスカパー!ですが、18/19シーズンはドイツのブンデスリーガの放映権を獲得。1部は全306試合、2部も日本人選手所属クラブの試合が放送されます。ポルトガルリーグやベルギーリーグも日本人選手が所属するクラブの試合を中継予定。

またセリエAの放送権・配信権を18/19シーズンより2シーズン獲得。毎節3試合が放送予定です。注目試合2試合が生中継(うち1試合は独占生中継)、1試合が録画放送予定。

J SPORTSやWOWOWに加入するとプレミアリーグとリーガ・エスパニョーラの試合も見ることができます(WOWOWは7月31日現在放送未定)。

国内リーグではJリーグYBCルヴァンカップと天皇杯、ユース年代の試合が放送予定。

WOWOW

バルセロナやレアル・マドリードを中心に、攻撃的なサッカーが展開されるリーガ・エスパニョーラ(ラ・リーガ)。WOWOWでは18/19シーズンも放送が決定。毎節最大5試合が生中継されます。リーガに関してはDAZNがフォローしているので、あえてWOWOWを選ぶ理由はなくなりました。

現在は音楽や映画、ドラマ、その他スポーツなどサッカー以外のエンタメコンテンツも含めた総合的な魅力で選ぶチャンネルとなっています。

WOWOWとの契約でWOWOWプライム、WOWOWライブ、WOWOWシネマの3チャンネルが見放題になり、これらサッカー番組だけでなく、月間300本以上の映画やドラマ、音楽、アニメ、ドキュメンタリーなど様々な映像コンテンツを楽しむことができます。



J SPORTS

J SPORTS では18/19シーズンもイングランド プレミアリーグが放送予定。注目試合を毎節5試合視聴することができます。

もっと気軽に見たいなら BS や CATV、ネットでも

もっと気軽に海外サッカーを見たいなら、BS視聴環境があれば NHK BS でも海外リーグの試合が、日本人選手所属チームを中心に放送されています。ただし録画放送が中心。また Ameba TV でも過去の試合の放送が行われています。

J SPORTSやBSなど、多数のチャンネルがパックになっている「J:COM TV」では、スタンダードコースで77チャンネル以上を視聴可能。サッカー放送のある地デジ・BSデジタルやJ SPORTS1・2・3、GAORA SPORTS HD、FOXスポーツ&エンターテイメントも含まれていて、それなりの数の試合を見ることができます。

迷ったらDAZN一択の時代に

海外サッカーを見るための選択肢は、多数のチャンネル契約が必要な時代から、DAZNの登場で1つに集約されつつあります。Jリーグに加えて欧州主要リーグをほぼ見ることができますし、それに加えて18/19シーズンからはUEFA CL / EL も見られるようになります。

快適に視聴するにはある程度の高速なインターネット環境が必要になりますが、逆に言えば、ネット環境さえあれば自宅でなくてもよく、外出先でも試合をチェックできるようになりました。

対応デバイスの中でも『Fire TV Stick』は小型で持ち運びに便利。旅行先のテレビにつなげば大画面で試合を見ることができます。

Fire TV Stick
メーカー: Amazon

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で