コエテクが通期予想を上方修正、Switch『ゼルダ無双 厄災の黙示録』が350万本出荷など好調

ゼルダ無双 厄災の黙示録(Hyrule Warriors: Age of Calamity)

コーエーテクモホールディングスは2021年1月25日、2021年3月期の通期連結業績予想が前回発表時よりも上振れしそうだと発表しました。新しい見通しでは売上高は9.8%増の560億円、営業利益は29.4%増の220億円、経常利益は32%増の330億円、純利益は38.9%増の250億円になりそうだとしています。

2020年9月にサービスを開始した、スマホ向けに展開している『三國志 覇道』が好調に推移しているほか、中国で配信中の『三国志・戦略版』のロイヤリティ収入も引き続き高い水準となっているとしています。

また Nintendo Switch ソフト『ゼルダ無双 厄災の黙示録』は12月末までに世界350万本出荷を突破。ゼルダ本編タイトルである『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の世界観を継承したスピンオフ作品で、作品人気が売上を後押し。『無双』シリーズとして、1タイトルで過去最高の出荷本数を達成しています。

営業外収益も有価証券損益が大きく改善。これらの結果、売上高・営業利益・経常利益・四半期純利益の全ての項目で第3四半期累計期間として過去最高の業績を達成。そうしたことから、通期の連結業績予想も上方修正するに至ったとしています。

通期連結業績予想の上方修正にともない、配当予想も上方修正しています。前回予想では年間配当を1株あたり71.50円としていましたが、足下の業績動向を踏まえ1株あたり100円に。ちなみに前期実績は61円でした。

なお25日に発表した第3四半期業績は、売上高が前期比65%増の439億円、営業利益が201%増の194億円、経常利益が164%増の299億円、純利益が129%増の222億円でした。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。