楽天は8月31日、楽天子会社の楽天カードを通じて、トレイダーズインベストメントから「みんなのビットコイン」の全株式(5,100株)を10月1日付で取得すると発表しました。取得金額は2億6,500万円。これにより楽天は、仮想通貨交換事業に参入することになります。

楽天、仮想通貨交換業に参入へ

楽天株式会社(以下「当社」といいます。)は、仮想通貨交換業を営むみんなのビットコイン株式会社(以下「みんなのビットコイン」といいます。)の全株式を当社連結子会社である楽天カード株式会社(以下「楽天カード」といいます。)を通じて取得することを決議致しましたので、お知らせ致します。

なお本株式取得は、楽天カードとみんなのビットコインの親会社であるトレイダーズインベストメント株式会社との間で本日締結された株式譲渡契約に基づくものであります。

via: みんなのビットコイン株式会社の株式取得に関するお知らせ | 楽天株式会社

買収理由について楽天は、将来的にEコマースや実店舗での決済、PtoPでの決済手段として仮想通貨による決済機能の役割が大きくなると見込んでいるなか、仮想通貨の決済手段を円滑に提供していくために仮想通貨交換所機能の提供が必要であり、楽天グループとして仮想通貨交換業への参入を検討してきたと説明。またグループの証券会社である楽天証券において、FX顧客を中心に、仮想通貨による運用機会の提供を期待する顧客の声が大きくなっていることも、今回の仮想通貨交換業への参入検討の背景となっているとしています。

みんなのビットコインは2017年3月30日に仮想通貨交換所のサービスを開始。同年9月7日に関東財務局へ登録を申請し、現在「みなし仮想通貨交換業者」として営業していて、仮想通貨交換業者の登録申請中。ただ2018年4月25日、関東財務局から経営管理態勢やマネー・ローンダリング及びテロ資金供与に係る管理態勢、利用者保護措置に係る管理態勢の構築など幅広い業務において業務改善命令が出されており、現在、指摘事項の改善を進めている最中にあります。

楽天は、これまでの「みんなのビットコイン」による仮想通貨交換業のノウハウと、楽天グループの広範な金融事業におけるノウハウを合わせ、事業体制を確立することで、早期の仮想通貨交換業者としての登録、そして今後の仮想通貨に関するサービス発展に向けた事業展開が期待できると判断し、今回の株式取得の決定に至ったとしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で