任天堂、長くハード部門を支えた竹田玄洋氏が代表取締役を退任へ

任天堂は27日、代表取締役で技術フェローの竹田玄洋氏が、6月29日の任期満了により代表取締役を退くと発表しました。また、現在は執行役員・技術開発本部長を務める塩田興氏が、上席執行役員となり、新たに取締役に就くこともあわせて発表されています。

竹田氏は、N64 やゲームキューブ、Wii など、長きにわたって任天堂の据置ハード開発の中核を担っていた人物。ソフトウェア部門トップの宮本茂氏に対して、ハードウェア部門のトップが竹田氏でした。

一方でソフトウェア開発も行っており、横井軍平氏より早くビデオゲームを作り始めた、任天堂初のゲームデザイナーでもありました。『パンチアウト!!』や『パイロットウィングス64』等ではプロデューサーも担当。

竹田氏は2015年9月に総合開発本部長を退任して技術フェローに就任。その後、ハード部門トップを引き継いだのが、今回取締役に新任される塩田氏でした。

竹田氏は代表取締役退任後、特別顧問として新しい技術開発に貢献する一方で、若手の指導にあたるということです。垂直立ち上げとなった Nintendo Switch の好調なローンチを受けて、一区切りがついたという判断なのかもしれません。お疲れ様でした。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。