DeNAと提携し、スマートデバイス向けへのゲーム展開を表明している任天堂。年内にはまず第1弾がリリースされ、2017年3月末までに5タイトル程度を投入する計画が任天堂の岩田社長からも明らかにされていますが、これら5タイトルは全て異なるジャンルで展開される予定であることが明らかになりました。

DeNAウエストのCEOを務めるShintaro Asako氏が Pocket Gamer の取材で述べたところによると、投入予定の5つのゲームはそれぞれまったく異なるジャンルで展開。RPGを好きな人もいれば、カジュアルゲームを好きな人もいるとして、それぞれのジャンルに適したキャラクターでゲームを投入します。「任天堂は最高のゲームIPを持っていて、DeNAの専門知識はバックエンドに活かされます」

「僕らはこれら5つのIPで、最終的に何億人もの人々を惹きつけられるようにしたいと考えているんです」

Asako氏は任天堂との契約について、マーベルやスター・ウォーズ、ディズニーといったビッグネームとのライセンス契約がこれまでにあったにも関わらず、「当社が行ってきた中で最も重要なパートナーシップ」だとコメント。しかしそれはまた、ユーザーのみならず業界や投資家からの期待が非常に大きなチャレンジでもあるようです。

最初のソフトについては、Asako氏も2015年内のリリースであると確認。その他4タイトルも2017年3月末までの計画に変更は無いようす。

任天堂は「展開するIPに例外を設けない」として、あらゆる任天堂キャラクターに扉を開いています。とはいえ、ある程度は人気キャラクターに絞られてくるかとは思いますが。まずは最初の一本に採用されるキャラクターやそのゲーム内容、任天堂なりのスマートデバイス展開の答えがどういった形で登場するのか注目したいところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で