任天堂が昨年10月、将来的に採用されるかもしれない、入力ボタンの交換が可能な携帯型ゲーム機の特許を申請していたことが明らかになりました。

交換可能なボタンユニットは一箇所ではなく、上下左右に配置されたそれぞれを容易に付け替えられるようです。

特許を取得したからといって確実に製品化されるとは限りませんが、この特許を使用した製品が実現すれば、例えば3Dアクションなどで右アナログスティックを追加したい欲求や、自分の好きなようにボタン配置を変更したいといった想いに応えることができます。

あー、これ縦持ちしたらワンダースワンみたいなゲームもできるんだなあなんて思ったりもしました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で