居酒屋チェーン笑笑(わらわら)を運営するモンテローザが任天堂を相手取り、家庭用ゲーム機Wii Uで使う「わらわら広場」などの商標登録の取り消しを求めた審判で、特許庁は「消費者が商標を混同する恐れはない」として、モンテローザの請求を退ける決定を下したと報じられています。


報道によると、特許庁は飲食業界とゲーム業界は提供する商品やサービスが異なり、関連性が低いと判断。「任天堂に不正の利益を得ようとする意図があったとはいえない」と指摘したということです。任天堂は商標を引き続き使うことができます。

モンテローザは任天堂の「わらわら広場」をはじめ「WaraWara」など計4件の商標登録の取り消しを求めていました。

日経によると、モンテローザは「特許庁の判断を精査して対応を検討する」とコメント。任天堂は「適正な判断を下していただいた」とコメントしているとのこと。

この問題、最初から全く分野が違うのだから等と言われていましたが、当たり前の判断が当たり前に下ったという印象ですね。

ひとまず商標問題が解決したのはめでたい話ですが、『わららわ広場』は当初のコンセプトが形骸化し、ありきたりのソフトが並ぶだけの場になってしまっていて、機能しているとは言えない状況。表示ソフトをもっとランダムにするとか、プレイヤーの趣向に沿ったものにするとか、あるいはeShopと連携するとか、機能改善を期待したいところです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で