E3 2013への出展も検討されていたという、Wii U向けに開発が進められている『ゼルダの伝説』最新作ですが、ゼルダシリーズプロデューサーの青沼英二氏によれば新しいアートスタイルを採用することが示唆されています。


ゼルダシリーズは、殆どのタイトルでカートゥーンスタイルが採用されていますが、次のWii U『ゼルダ』についてもこの流れを踏襲するのか。という質問について青沼氏は、

「『ゼルダの伝説』に関する事として、任天堂は、ビジュアル面であれゲームプレイ面であれ、全てにおいてユニークでありたいと思っています。『ゼルダ』は、これまでに見ることが出来なかったものでなくてはなりません。僕たちは、他でも見る事の出来るようなフォトリアルな方向へは進みたくないと考えています。

とはいえ、カートゥーンスタイルを維持した上でリアルな方向へ進むのかを今答えることはできませんし、我々は過去にファンタスティックなスタイルを試しています。Wii Uの『ゼルダ』は新しいものになるでしょうね」

と延べ、新たなアートスタイルの採用を示唆しました。『風のタクト』のトゥーンレンダリングや『スカイウォードソード』の水彩画調のように、独特の表現が用いられることもある『ゼルダの伝説』、ハード性能の向上したWii Uではいったいどんなビジュアルで登場するのでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で