ゲームギア、セガが1990年に発売した携帯型ゲーム機です。世界で1,000万台以上普及し、3.2インチの液晶では専用ゲームの表示の他、「TVチューナーパック」によりテレビを見る事も出来ました。


「TVチューナーパック」にはビデオ入力端子が付いているので、それを利用してゲームギアの画面で任天堂の最新ゲーム機「Wii U」、そして『New スーパーマリオブラザーズ U』を遊ぶ、ゲーム機同士で完結させるまさしくTV依存から脱却の映像がYouTubeにアップされています。

ゲームギアの画面解像度は、セガ公式サイトによると480×146ドット。Wii U GamePadは854×480です。さらにはGamePadの画面サイズが6.2インチに対してゲームギアは3.2インチと、メイン画面の方が小さい&低解像度というなんともシュールな光景。

しかしながら、それでも画面表示や実際にゲームを動かしている様子を確認でき、セガのゲーム機に任天堂タイトルが表示されるという、ある種感慨深くもある楽しい動画に仕上がっています。

Nintendo Wii-U on a Sega Game Gear

同じチャンネルではWii Uの他、Xbox Liveをゲームギアに表示させている動画も公開されています。

ゲームギアがまだ動くのか!と、まず物持ちの良さに感心してしまいますが、海外ファンのこうしたチャレンジングな情熱は素敵です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で