The Legend of Zelda: Twilight Princessゲームキューブソフトのラストを飾ると共に、Wii用ソフトとしてもWii本体と同時発売された『ゼルダの伝説』シリーズ最新作『ゼルダの伝説 -トワイライトプリンセス-』。買い間違いの混乱を避けるためか、ゲームキューブ版は任天堂オンライン専売となっています。

今回の世界は、前作『風のタクト』のようなトゥーンシェーディングではなく、『時のオカリナ』や『ムジュラの仮面』のようなリアルタッチで描かれている。個人的には『風のタクト』のアニメ風ゼルダが好きだっただけに、フォトリアルな方向に戻ってしまったのは残念。トゥーンのゼルダを突き詰めていって欲しかった。

グラフィック

GC版との違いは、公式サイトによるとワイド画面対応と、wiiリモコンによる操作、そして画面が左右反転しているということ。なので、グラフィックレベルはゲームキューブ水準ということなんだろうけど、ゲームキューブはここまでのポテンシャルがあったのかと驚かされる。特に水の表現は秀逸で、HD機には当然及ばないものの、このくらい見せられれば十分じゃないのかと感じさせてくれる。プリレンダムービーを入れられず、リアルタイムデモを表示してきたN64時代から培われてきたノウハウなんだろうか、リアルタイムで描写されるデモシーン時の構図もすこぶる格好いい。

音楽

要所で過去作品のアレンジ曲がなるなど、シリーズファンには嬉しいサービスも。良い意味で気にならない、ゲームの操作を邪魔しないいつもの任天堂っぽい感じですかね。

熱中度

1つ1つのダンジョンが重たいので、連続してどんどん進んでいくのは辛いけど、次を見たくなる作りはさすが。ボスとの戦闘もアツいです。

オリジナリティ

お馴染みのアイテムを使い、ゼルダ世界での公式に当てはめていくのはこれまで通りなので斬新とはとてもいえないけれど、新アイテムも幾つか登場していて、それらを駆使して進んでいくダンジョンや、アイテム探しがある。途中、狼に変身して謎を解く場面があったり、新しいゼルダを模索しているように見える。ストーリーはゼルダシリーズにしては重厚な、しっかりしたものが添えられていて、闇世界のお話が中心に進んでいくので、今回はゼルダ、リンク、ガノンドロフの三すくみが崩れるのかな?と思いきや・・・。

難易度

これまでのゼルダに慣れていれば、それほど難しくは無いように見える。ハートのかけら探しは視認性の問題でちょっと辛い場面もあったけれど、エンディングを見るだけならそれほどの難易度ではないと思う。ゼルダシリーズとしては低めかもしれない。

Wii用ソフトとして発売されて、出来も勿論いいんだけど、あくまでベースはゲームキューブ版なんですよね。そして「ゼルダの伝説」という長く続いているシリーズがゆえのマンネリ。面白さが保証されていることは確かなのだけど、そろそろ新しい驚きがあってもいいのかな。
ということで、いずれ発売されるであろうWii向けに特化したゼルダ新作に期待。マンネリ打破に動くのか、それともお馴染みの方程式を続けていくのか。マリオと並ぶ任天堂の目玉タイトルながら国内でのセールスが50万本程度に留まった事で、カジュアル層を獲得するためにも動いてきそうな気がしますが、さて。

ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス
メーカー:任天堂
ジャンル:アクションアドベンチャー
発売日:2006.12.02
価格:6,800円(税込)
プレイ人数:1人
ドルビープロロジックII対応

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で