後発移植で40万本。

バンダイナムコエンターテインメントが2017年9月にリリースした Nintendo Switch 版『ドラゴンボール ゼノバース2』の売上が、世界40万本を上回っていることが明らかになりました。

『ドラゴンボール ゼノバース2』は、プレイヤーが自身の分身となるキャラクターを作成してタイムパトローラーとなり、孫悟空やベジータらキャラクターと共闘し、『ドラゴンボール』の歴史を守るために闘うアクションゲーム『ドラゴンボール ゼノバース』の第2弾。2016年11月に PlayStation 4 / Xbox One / Windows PC (日本国内では PS4 のみ) で発売され、Nintendo Switch 版は2017年9月に発売されました。

オリジナル版の発売から10ヵ月経過後の発売となったスイッチ版は、ローカル通信でも最大6人プレイに対応したり、モーション操作やおすそわけプレイによる1対1の対戦が可能など、スイッチの特長を生かした機能が盛り込まれています。

後発移植ということで、それほど大きな動きにはならないと思われていましたが、国内パッケージ版はバンダイナムコの想定を上回る売れ行きを見せ、全国的な品薄に。10月最終週までに5万本近いセールスとなっています。

ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch (【期間限定封入特典】「レジェンドパトロール」を遊べるようになるダウンロード番号 同梱)
ドラゴンボール ゼノバース2 for Nintendo Switch
メーカー: バンダイナムコエンターテインメント
発売日: 2017-09-07

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で