E3 2017 で発表された、ゲームフリークによる Nintendo Switch 向け『ポケットモンスター』シリーズ。海外では “コアRPG” であると紹介され、本編あるいは本編相当の可能性が示唆されているこのスイッチ向けポケモンプロジェクトは、やはり従来のRPGシリーズの特徴を備えたタイトルであるようです。

ブルームバーグのインタビューに応じた任天堂アメリカのレジー社長によれば、スイッチ向けのポケモンは「伝統的な発見やバトル、育成型の体験」を備えたタイトルとなる予定。

ニンテンドー3DS向けにもまだ本編新作の『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』が控えている状況ですから、期待感を煽りつつも明言は避けました。

据置型ゲーム機向けにこれまで発売されてきたポケモン関連タイトルは、本編を補完する『ポケモンスタジアム』や、『ポケパーク』『ピカチュウげんきでちゅう』『ポッ拳』などがあります。携帯型ゲーム機向け『ポケットモンスター』シリーズ本編を手がけてきたゲームフリークが中心となって、据置向けRPG(海外発表いわくコアRPG)を開発するのは今回が初めて。

なおインタビューではこの他、『メトロイドプライム4』が従来通りのFPA(ファーストパーソン・アドベンチャー)になる予定であることも明かされたようです。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly