発売日が2017年10月27日に決定した、任天堂の Nintendo Switch 用ソフト『スーパーマリオ オデッセイ』。大きな箱庭世界に遊びが詰まった3Dアクションマリオシリーズ最新作ですが、基本は1人用であるものの、“おすそわけプレイ” で2人プレイにも対応していることが明らかになりました。

スーパーマリオ オデッセイは2人プレイに対応

今作で、マリオの相棒として活躍してくれるキャッピー。マリオの帽子に変身して一緒に世界を旅することになりますが、2人プレイ時は1Pがマリオを、2Pがキャッピーをそれぞれ操作し、協力して進めることができます。キャッピーは無敵なので初心者でも安心。

『スーパーマリオギャラクシー』にアシストプレイがありましたが、あれに近い仕組みをゲーム内キャラクターで扱えるようにして、自分がゲームに参加している、関与している実感を残した印象です。

ステージの進行はマリオを操作する1P側が行い、キャッピーを操作する2Pはアイテムを集めたり、マリオのアクションをサポートしたりといったことを行えます。

ツリーハウスライブでは、今回の協力プレイをこういう形で実装した理由について説明。

採用の流れとしては「最初にマリオのアクションが作成」→「そのアクションを帽子にしよう」→「帽子を投げるオブジェクトにキャラクターをつけよう」という順番で徐々に決まっていったそうです。

そうなってくると「帽子側をもう1個のコントローラーで操作できた方がいいだろう」というアイデアが生まれ、マリオとキャッピーのマルチプレイが誕生しました。

3Dマリオの本格的なローカルマルチプレイは、 Wii U で発売された『スーパーマリオ 3Dワールド』で実現。最大4人まで参加が可能で、マリオに加えてルイージ、ピーチ、キノピオ、ロゼッタが操作キャラとして登場。一緒に本編を攻略していくことができました。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly