任天堂の高橋伸也氏と小泉歓晃氏がフランスのメディア Melty のインタビューに応じ、Nintendo Switch (ニンテンドースイッチ) のバーチャルコンソールにゲームキューブソフトが配信されるとの噂や、コントローラー「Joy-Con (ジョイコン)」の派生デザインに言及。

ゲームキューブVCについて現段階で発表できる情報はないとしたものの、小泉氏は「今お答えできるのは、その方向へ向けて僕達が取り組んでいるということです」と述べ、噂が真実になる可能性を示唆しました。

Nintendo Switch でゲームキューブVCは実現する?

ゲームキューブのVC化に関して小泉氏は、「現時点で任天堂は公式に何も発表していないため、僕らがここで回答することはできない」とコメント。その上で「僕からお答えできるのは、その方向へ向けて任天堂が取り組んでいるということです」と述べ、明言を避けつつも、将来的なVC対応の可能性を示唆しました。

GCデザインの「Joy-Con」が登場する可能性は

ゲームキューブのVC対応が実現するのであれば、コントローラーもゲームキューブ型となるのが理想です。Melty は「Joy-Con」の派生デザインについても質問をしており、これについて小泉氏は、今のところ計画はないものの、Switch は別の周辺機器を接続できるよう設計されているとコメント。

高橋氏は、ゲームキューブスタイルの「Joy-Con」を作るのであれば、アナログトリガーを付けることを考えるでしょうねとコメントしています(ゲームキューブはL/Rボタンが押す深さによって強弱をつけられるアナログトリガーになっていました)。

旧作の活用という意味では、君島達己社長も別のメディアのインタビューで、その可能性に前向きなコメントをしています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で