NPDグループから2015年11月期のマンスリーレポートが発表され、本格的な年末商戦が幕を開けた11月の米小売市場の規模は、前年比2%増の24億7000万ドルとなったことが明らかになりました。

ハード:PS4やXbox Oneが発売以来最大のセールスを記録

PS4やXbox Oneが発売以来最高の売上を見せたハードウェア市場は、前年比11%アップの11億2000万ドルを販売。Wii Uも含めた第8世代全体コンソール(据置型ゲーム機)のセールスも、2014年12月を抜いて過去最高となりました。据置型が14%伸びたのに対して、携帯型ゲーム機は31%減少。北米では今年Newニンテンドー3DS/3DS LLが投入されていますが、昨年と比較して牽引するソフトが不足したため、市場規模が縮小しています。

据置型ゲーム機の中では、過去最高の販売となった第8世代が前年比で22%の増加を見せた一方で、第7世代は76%減少。また年初来の比較では57%減少しているとのこと(金額ベース)。これらの結果、ハードウェア売上全体に占める第8世代の割合は前年11月から9ポイント増加して93%となり、世代交代がほぼ完了していることが分かります。

NPDアナリストのLiam Callahan氏は、市場をリードするPS4とXbox Oneの販売が好調であることを強調。両機種の発売から25ヶ月間の合算売上は、前世代(PS3/Xbox 360)の同時期よりも47%多いと付け加えています。

SCEAのEric Lempel氏は声明で、「PlayStation 4は11月、アメリカ国内においてトップセラーハードとなったことに加えて、ブラックフライデーセールスもプレイステーション史上最も好調でした。さらにこの11月は、PlayStation Storeも好調で、小売市場を下支えする力強いデジタル市場を形成しています」とコメント。ソニーはブラックフライデーの前に、PS4の世界累計販売台数が3020万台を突破し、依然としてPS史上最速ペースで売れていると発表しています。

ソフト:目玉タイトルを欠いた携帯機市場が大幅縮小

ソフトウェア市場は、携帯機市場が66%もの大幅下落となるなどした結果、前年同月比で7%減の9億9390万ドルに。据置機市場は、第8世代が37%増加し過去最高となった一方で、第7世代は60%減少。据置トータルでは1%減となりました。

2015年11月 USチャート

  1. Call of Duty: Black Ops III (Xbox One, PS4, 360, PS3, PC)
  2. Fallout 4 (PS4, Xbox One, PC)
  3. Star Wars: Battlefront (PS4, Xbox One, PC)
  4. Madden NFL 16 (PS4, Xbox One, 360, PS3)
  5. NBA 2K16 (PS4, Xbox One, 360, PS3)
  6. FIFA 16 (PS4, Xbox One, 360, PS3)
  7. Need For Speed (PS4, Xbox One)
  8. Halo 5: Guardians (Xbox One)
  9. Assassin’s Creed: Syndicate (PS4, Xbox One, PC)
  10. Just Dance 2016 (Wii, Wii U, 360, Xbox One, PS4, PS3)

月間チャートトップとなったのはこの時期恒例『Call of Duty』シリーズの最新作『Call of Duty: Black Ops III』でした。報告によると、前作『Advanced Warfare』を上回る売上を見せているとのこと。

また2位に入った『Fallout 4』も好調で、シリーズ最高のローンチを記録。『Fallout: New Vegas』を70%、『Fallout 3』を9%上回る初動販売を見せました。ベセスダの他の成功例である『Elder Scrolls V: Skyrim』に迫る数字だとのこと。

映画との相乗効果も期待された『Star Wars Battlefront』は3位に登場。セールスは期待を下回っているとの声も聞こえる中、『Star Wars』タイトルとしては最も好調な初月セールスであるとNPD。2008年に発売された『Star Wars: Force Unleashed』を21%上回っていると指摘します。

「今年のトップ10内タイトルは、昨年のトップ10と比較して販売数、金額共に8%以上の伸びを見せました。上位5タイトルが市場を牽引しており、29%以上もよく売れています」とCallahan氏。今年の10タイトルはいずれも特別仕様の限定版が用意されており、それらが販売本数の9%、販売金額の14%を占めたとのこと。昨年、同様の形態がトップ10売上に占めた割合は、本数が3%、金額は5%と僅かな規模でした。

『CoD: BO3』に関してはXbox Oneが、『Just Dance 2016』はWii/Wii Uがトップとなっていますが、その他のタイトルはPS4版が最も高いシェアを占めました。比較的ライトな顧客の多いスポーツタイトルにおいてもPS4版が最も売れており、トップセラーハードとしての勢いを感じさせる結果となっています。

周辺機器・アクセサリ:Toys-to-Lifeの好調で前年比6%アップ

「Toys-to-Life」カテゴリが牽引する周辺機器・アクセサリ類の販売規模は、前年同月比で6%アップの3億5770万ドルでした。任天堂の『amiibo』は120万体以上を販売。また米国内における累計販売数は1100万を突破したとのこと。

2015年11月期アメリカゲーム市場規模(2015年11月1日〜11月28日)

  • ハードウェア:11億2000万ドル(+11%)
  • ソフトウェア:9億9390万ドル(▲7%)
  • ソフトウェア(PC込):10億2000万ドル(▲7%)
  • 周辺機器・アクセサリ:3億5770万ドル(+6%)
  • 市場全体:24億7000万ドル(+2%)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で