うまくいけばNX(仮)への世代交代前に、再び『ピクミン』の新作を見ることが出来るかもしれません。任天堂の宮本茂氏は欧州ゲームメディア Eurogamer に対して、AIアクション『ピクミン』の最新作を開発中であると明らかにしました。

Eurogamerによると、『ピクミン』最新作の開発が進められているという情報は実は7月に行われたインタビューの中で明らかになっていたものだそうで、その時点で宮本氏は『ピクミン』の次回作が順調に進んでいると述べていました。「完成に非常に近い段階にきています。『ピクミン』チームは常に次のタイトルに取り組んでいるんです」

そして今回、任天堂に問い合わせたところ、正式に『ピクミン』最新作の開発が確認。ただしプラットフォーム等は明らかになっておらず、現時点では“開発中”であることが全ての情報で、それ以上のことは言えないとのこと。

不思議な生きものピクミンを率いて、どこか見慣れた風景もあるどこかの惑星でサバイバルを繰り広げるAIアクションゲーム『ピクミン』は、ゲームキューブで2001年に『1』が発売。その後、2004年に『2』が発売されました。

Wii時代は『1』『2』の移植が発売されたのみで新作は無く、シリーズ最新作の『3』が発売されたのは『2』から9年後の2013年。ハードを1世代飛ばしてWii Uへ移行した後でした。

『3』発売前に放送された「ピクミン3 Direct 2013.6.26」では、『4』はいつにになるのかという質問に対して「5年くらい後に…」と苦笑していた宮本氏。ですがうまくいけば、そこまで待たずに新作を見ることが出来るかもしれません。

『3』は“段取り”というテーマもはっきりして、『ピクミン』という遊びのひな型が出来上がったような面白さがありました。ただ図鑑が無かったり、本編のボリューム面で不満があったり、また『2』のようにまったりと世界にひたる楽しみが薄れるなど、過去作品にあった要素が削がれ、消化不良な部分も少なからずありました。『4』では“段取り”要素を進化させた上で、『3』の不満点を解消し、新しい冒険を見せてくれることに期待したいところ。

ピクミン3 / 任天堂
ピクミン3
メーカー: 任天堂
開発: 任天堂
ジャンル: AIアクション
発売日: 2013年7月13日
プレイ人数: 1-2人

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly