バンダイナムコホールディングスが10日に発表した2017年3月期の通期決算は、売上高が前期比7.7%増の6200億円、営業利益が27.4%増の632億円、経常利益が24.7%増の632億円、純利益が27.7%増の441億円と増収増益でした。『機動戦士ガンダム』が引き続き収益を牽引したほか、『ドラゴンボール』も絶好調でした。

バンダイナムコHD 2017年3月期 決算

売上高:6200億6100万円 (前期比+7.7%)
営業利益:632億3800万円 (+27.4%)
経常利益:632億9000万円 (+24.7%)
純利益:441億5900万円 (+27.7%)

セグメント別 売上高 / 損益

  • トイホビー – 1932億2900万円 (▲6.4%) / 109億9100万円 (▲33.9%)
  • ネットワークエンターテインメント – 3802億7300万円 (+18.5%) / 442億9800万円 (+85.1%)
  • 映像音楽プロデュース – 562億9000万円 (+8.3%) / 134億3600万円 (+15.2%)
  • その他 – 267億9700万円 (▲2.4%) / 7億200万円 (▲37.5%)

地域別 売上高 / 損益

  • 日本 – 4921億300万円 (+10.2%) / 537億3300万円 (+31.2%)
  • アメリカ – 495億3900万円 (+13.7%) / 36億9100万円 (▲3.9%)
  • ヨーロッパ – 376億9600万円 (▲17.9%) / 35億2200万円 (▲14.4%)
  • アジア – 407億2400万円 (+3.0%) / 78億700万円 (+49.1%)

ネットワークエンターテインメント

売上高が19%増の3803億円、営業利益が85%増の443億円と好調だった、2017年3月期のネットワークエンターテインメント事業。家庭用ゲーム機用ソフトでは、欧米地域における新作タイトル『DARK SOULS(ダークソウル)Ⅲ』や『ドラゴンボールゼノバース2』が好調に推移しました。スマホ向け等のネットワークコンテンツにおいては、『ドラゴンボールZ ドッカンバトル』や『ワンピース トレジャークルーズ』等のワールドワイド展開している主力タイトルが人気だったことに加えて、『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』等の国内主力タイトルも人気でした。

ネットワークコンテンツの売上高は53%増の1586億円。家庭用ゲームの売上高は10%減の866億円でした(16年3月期までの家庭用ゲームには一部関連グッズ・ライブ売上等を含む)。家庭用ゲームは通期実績で65タイトル2552万6000本を販売。

バンダイナムコのタイトルの中でもダウンロード販売比率が高まっており、通期の比率は35%。特に『ダークソウル3』のDL率が高かったとのこと。

IP 別売上高

キャラクター別の売上高を見るとトップは『機動戦士ガンダム』。相変わらずの人気ですが、17年3月期は若干下げて743億円でした。2位は75%増で611億円を販売し絶好調の『ドラゴンボール』。3位『ワンピース』も30%増で304億円を販売しています。『スーパー戦隊(Power Rangers)』や『仮面ライダー』も200億円を上回る規模で好調に推移しました。これら上位5つの IP で、売上全体の3分の1を占めています。

一方で『妖怪ウォッチ』は前期の3分の1に。ピークだった2015年3月期からは5分の1となる104億円に縮小しています。トイホビー部門が前期比でマイナスに転じたのも『妖怪ウォッチ』の減速が影響しました。

フォローして更新情報をチェック

  • follow us in feedly