「ポケモンカードゲーム アートコレクション」 カードも20周年、厳選350点以上を掲載のの記念イラスト集

2016年はゲーム『ポケットモンスター 赤・緑』の発売から20年。もう1つ、ポケモンバトルを再現したカードゲーム『ポケットモンスターカードゲーム(現在はポケモンカードゲーム)』も10月で発売20年を迎えます。 これを記念したイラスト集「ポケモンカードゲーム アートコレクション」 が、ポケモン監修、ゲームフリーク編集で、オーバーラップから9月に発売されます。リザードンとフシギバナが印象的なカバーイラ

WiiU『ポッ拳』が世界累計100万本出荷を達成、20日からの「ポケモンWCS2016」で初代世界一が決まる

ポケモンとバンダイナムコエンターテインメントは18日、2016年3月に発売した Wii U 用対戦アクションゲーム『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT』が世界累計出荷本数100万本を突破したと発表しました(任天堂調べ)。

最新作『ポケモン サン・ムーン』へポケモンを連れていける、3DSで遊べる『ポケットモンスター』

スマホゲーム『Pokémon GO (ポケモンGO)』が大きく盛り上がっていますが、シリーズ20周年の今年は本編RPG最新作『ポケットモンスター サン・ムーン』もニンテンドー3DSで発売予定。 『ポケモンGO』によって『ポケットモンスター』の関心が高まっていることに加えて、過去のタイトルであっても「ポケモンバンク」を介して『サン・ムーン』へポケモンを連れていけるということで、このところ旧作の動きも

「nanobeads (ナノビーズ)」、任天堂やポケモンキャラクターなどを手軽に作成できる “触れるドット絵” アイロンビーズ

ナノブロックでおなじみのカワダから、大人でも楽しめるミニサイズのアイロンビーズ「nanobeads (ナノビーズ)」が登場しました。第1弾には『ポケットモンスター』『スーパーマリオ』といった任天堂/ポケモンキャラクターもラインナップ。

米オンラインのポケモン関連商品販売、『ポケモンGO』効果で7月は倍増

配信から1ヶ月の売上が他社の大ヒット作を大きく上回る2億ドルを越えるとの試算も出ている Niantic × ポケモン × 任天堂のスマホゲーム『ポケモンGO』。 その熱狂は関連商品にも波及しており、イギリスではニンテンドー3DS向けポケモンタイトル(オメガルビー・アルファサファイア、X・Y)が週間トップ40チャートに復帰。日本でも『ポケモンORAS』の売上が1万本台を回復する相乗効果が現れています

『ポケモン サン・ムーン』の御三家「モクロー」「ニャビー」「アシマリ」がぬいぐるみに

2016年11月18日に発売予定の、ニンテンドー3DS向け『ポケットモンスター』RPGシリーズ最新作『ポケットモンスター サン・ムーン』。 新しいポケモンやこれまでとは異なる姿(リージョンフォーム)のポケモン、新機能など、アローラ地方を舞台に繰り広げられる新たな冒険の情報が続々と発表されていますが、ゲーム最新作ということで期待される商品展開の方も、連動トイ「ポケモン Zリング」以外にも企画が進んで

TOHOシネマズ、『ポケモンGO』とコラボを実施。全国の劇場が「ポケストップ」に

TOHOシネマズは9日、Niantic およびポケモンと、iOS/Android向けリアルワールドゲーム『Pokémon GO (ポケモンGO)』のコラボレーションを実施することで合意したと発表しました。このコラボレーションにより、TOHOシネマズ全館(一部の劇場を除く)が、『ポケモンGO』のゲーム内で、モンスターボールなどのアイテムをもらえる「ポケストップ」として登場する予定です。運営している劇

『ポケモンGO』の初月売上は世界2億ドル以上、日本配信で人気加速

配信各地で爆発的な人気となっている『Pokémon GO (ポケモンGO)』。ローンチから1ヶ月が経過しましたが、調査会社 Sensor Tower がこの1ヶ月の売上金額(推計値)を報告。iOS/Android版(App Store / Google Play)の合計で世界2億ドル以上を稼いだことが明らかになりました。

『ポケモンGO』、Android版の世界累計ダウンロード件数が1億を突破

配信開始からほぼ1ヶ月で到達。 オーストラリアやニュージーランド、アメリカを皮切りに配信がスタートした、『ポケットモンスター』のモバイルゲーム『Pokémon GO (ポケモンGO)』。 欧州や日本などに続いて、サーバー負荷の改善によって、リオ五輪開幕のタイミングでブラジルで配信が始まり、さらにアジア地域にも到着。着々と配信地域が広まる中、Android 版の累計ダウンロード数が Google P

『ポケモンGO』で集客効果、日本マクドナルドの7月は既存店売上高26.6%増

日本マクドナルドホールディングスが4日に発表した2016年7月度の既存店売上高は、前年同月と比較してプラス26.6%でした。増収となったのは2015年12月から8ヶ月連続。全店売上高もプラス22.2%を達成しています。客数を見ると前年同月比で9.8%、客単価は15.3%それぞれ増加しました。

『ポケモンGO』アップデート後にデータが消えた/初期化されたかも、の対処法

7月31日、Niantic から『ポケモンGO』の最新版がリリースされました。iOS版、Android版双方でアップデートがリリースされており、メモリー問題の改善やバグフィックス、マップの表示不具合の修正などが行われます。

名前がカギ、『ポケモンGO』でイーブイの進化先を指定。狙い通り「シャワーズ」「サンダース」「ブースター」にする方法。

見た目がかわいい「イーブイ」はそのままでも人気のポケモンですが、“しんかポケモン” と呼ばれるだけあって、初代から「サンダース(でんき)」「シャワーズ(みず)」「ブースター(ほのお)」の3通りの進化を見せます(現在は8通り)。スマホゲーム『ポケモンGO』でもその進化は健在ですが、ゲーム本編とは異なり、進化先は通常ランダムに決定。ただし、特定のニックネームをつけることで、進化先を選ぶことができます。