任天堂、ソフト開発体制の強化などに最大4,500億円規模を投資

任天堂の古川社長は2021年11月5日、経営方針説明会/決算説明会のプレゼンテーションの中で、 Nintendo Switch ビジネスの成功により想定を大きく上回って増加した手元資金の新たな活用分野について説明しました。 従来の研究開発投資・設備投資に “加えて” 中長期的に投資していく分野は、大きく「ソフトウェア資産の蓄積」と「お客様との関係性を維持・拡大するための基盤」であるとし、「ソフトウ

任天堂、大阪に国内2店舗目の直営店「Nintendo OSAKA(ニンテンドーオオサカ)」を2022年末にオープンへ

任天堂は2021年11月5日、「Nintendo TOKYO(ニンテンドートウキョウ)」に続く国内2店舗目の直営オフィシャルショップ「Nintendo OSAKA(ニンテンドーオオサカ)」を、2022年末にオープンすると発表しました。場所は大丸松坂屋百貨店が運営する「大丸梅田店」内。

任天堂の4-9月は減収減益、スイッチ販売好調も『あつ森』反動減など影響

任天堂は2021年11月4日、2022年3月期第2四半期決算を発表。売上高は19%減の6,243億円、営業利益は25%減の2,200億円、経常利益は21%減の2,363億円、純利益は19%減の1,718億円の減収減益となりました。 『あつまれ どうぶつの森』効果や巣ごもり需要で大きく伸びた前年同時期からの反動減が目立ちます。

任天堂、22年3月期のスイッチの販売計画を150万台減の2,400万台に下方修正

任天堂は2021年11月4日、家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」(ニンテンドースイッチ)の今期(2021年4月〜2022年3月)の販売計画を 2,400 万台に変更したと発表しました。 従来は 2,550 万台を販売する計画。 世界的な半導体不足などが影響し、下期の出荷予定台数を引き下げ。通期では 150 万台減少することになります。

【あつ森】『ハッピーホームパラダイス』は「最初にして唯一の有料DLC」になる

任天堂の Nintendo Switch ソフト『あつまれ どうぶつの森』に初めての有料追加コンテンツ『あつまれ どうぶつの森 ハッピーホームパラダイス』が 2021 年 11 月 5 日に登場。 リゾート地として賑わう諸島で、ニンテンドー 3DS ソフト『ハッピーホームデザイナー』のような遊びが追加されたり、そこで身につけた技術を自分の島へ持ち帰り、より自由度が増した部屋作りを楽しむなどすること

Switch『メトロイド ドレッド』の序盤を遊べる体験版が配信

任天堂は 2021 年 10 月 28 日、Nintendo Switch ソフト『メトロイド ドレッド』の体験版をリリースしました。10 月 8 日に発売されたばかりのシリーズ最新作の序盤を、無料でプレイ。 「探索」×「恐怖」をコンセプトに制作された本作の世界観やゲーム内容が気になっていた人にとっては、自分に合うかどうかを確認する絶好の機会といえます。“メトロイドヴァニア” ではなない、純 “メ

【ピクミン】世界を花でいっぱいに、Niantic×任天堂が『Pikmin Bloom』を順次配信開始

Niantic とにt念堂は 2021 年 10 月 27 日、共同で開発を進めていた『ピクミン』を題材とする位置情報ゲーム『Pikmin Bloom』(ピクミン ブルーム)を、オーストラリアとシンガポールにて配信開始しました。 これから数日をかけ、世界各地の国と地域で順次配信開始予定。 10月26日にシリーズ20周年を迎えた『ピクミン』に、素敵なお祝い。

【Nintendo Switch】本体システムバージョン「13.1.0」配信、「Nintendo Switch Online + 追加パック」対応など

任天堂は2021年10月26日、家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」(ニンテンドースイッチ)のシステムバージョン 13.1.0 の配信を開始しました。今回のバージョンは 26 日より配信が開始された「Nintendo Switch Online + 追加パック」への対応が含まれています。