ソフトバンク、新プラン「LINEMO(ラインモ)」を3月開始。無料通話なしで2,480円

ソフトバンクは2021年2月18日、昨年発表していたオンライン専用ブランド「SoftBank on LINE(仮称)」の正式名称を「LINEMO」(ラインモ)とし、2021年3月17日よりサービス提供を開始すると発表しました。価格は無料通話分を切り離して2,480円。

ドコモの「ahamo」(アハモ)対抗プランとしてほぼ同内容のプラン(月20GB、1回5分以内はかけ放題で月2,980円)を発表していたソフトバンクですが、その後 KDDI(au)が5分以内の通話し放題をオプションとする月2,480円の「povo」(ポヴォ)を発表。最終的にソフトバンクは KDDI に追随した格好となりました。

「ポヴォ」と「ラインモ」は1回5分以内の通話かけ放題を月500円のオプションとして提供。無料通話を含めると3社横並びとなりますが、通話を不要と考える人にとってはより安価に始められます。

「ラインモ」は月20GBのデータ容量に加えて、LINEのトークや通話が使い放題の「LINEギガフリー」、月240円かかるLINEスタンプの使い放題も(夏より開始予定)。LINEサービス使い放題を含むことで他社サービスとの差別化を図ります。

 NTTドコモ
ahamo
KDDI(au)
povo
ソフトバンク
LINEMO
月額料金2,980円2,480円2,480円
データ容量20GB20GB20GB
通話料金20円/30秒20円/30秒20円/30秒
5分以内無料-
500円/月
-
500円/月
キャリアメールなしなしなし
超過後の速度制限最大1Mbps最大1Mbps最大1Mbps
データ容量追加500円/1GB500円/1GB500円/1GB
かけ放題1,000円/月1,500円/月1,500円/月
その他データ使い放題
200円/24時間
LINEギガノーカウント
LINEスタンプ無料
ネットワーク回線ドコモの4G/5Gauの4G/5Gソフトバンクの4G/5G

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロのナレーターや声優、著名人の朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。人気作家のベストセラーから名作まで、ビジネス書・自己啓発書・現代文学・ライトノベル・洋書などなど約 40 万冊がラインナップ。

初回 30 日間は無料で体験。コインが1枚付与され、好きなオーディオブック1冊と交換可能。毎月入れ替わるボーナスタイトル1冊も受け取れます。また聴き放題のポッドキャストも。

月額 1,500 円の有料会員になれば「好きなオーディオブック1冊と交換できるコイン」「無料でもらえる月替りのボーナスタイトル1冊」「聴き放題のポッドキャスト」を自由に楽しめます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible