KDDI、月9,350円の新料金プラン発表で「au解約」「#さよならau」がTwitterトレンド入り

au

KDDIは12月9日、au の新たな料金プラン「データMAX 5G with Amazonプライム」を発表。2020年12月11日より提供を開始します。

最大手NTTドコモが一応メインブランドというかたちで「ahamo(アハモ)」(1回5分まで通話無料・月20GBで月2,980円+税)というチャレンジングな新料金プランを打ち出した中で、2番手の KDDI の出方が注目されていましたが、発表されたのは5G向けのデータ無制限プラン「データMAX 5G」に「Amazonプライム」と「TELASA」の利用料金が含まれる月 9,350 円+税のプランでした。

使い放題で月9,350円+税

「データMAX 5G with Amazonプライム」は、5Gスマホ向け料金プラン「データMAX 5G」(データ無制限・月8,650円+税)に、「Amazonプライム」(月500円 or 年4,900円)と「TELASA(見放題プラン)」(月562円+税)を抱き合わせする料金プラン。

料金は月9,350円+税。

 (新)
データMAX 5G with Amazonプライム
(旧)
データMAX 5G
データ容量無制限
(テザリングは合計30GBまで)
無制限
(テザリングは合計30GBまで)
通話料金20円/30秒20円/30秒
基本料金9,350円8,650円
2年契約N適用-170円-170円
家族割プラス-500円(2人)
-1,000円(3人)
-2,020円(4人)
-500円(2人)
-1,000円(3人)
-2,020円(4人)
auスマートバリュー-1,000円-1,000円
スマホ応援割III
※翌月から6か月
-1,400円-1,000円
5Gスタート割
※翌月から12か月
-1,000円-1,000円
Amazonプライム
TELASA
合計3,760円〜3,460円〜

各種割引を適用することで、契約翌月から6か月間は月3,760円で、契約翌月から12か月間は月4,760円で利用可能です。データ利用量が月2GB以内の場合は、契約翌月から6か月間が月2,280円から。

ahamo対抗プランでなかった上に、料金表示の仕方もマズく失望感につながりました。携帯料金はシンプルに消費者にとって分かりやすくという流れがあるなか、KDDI の発表は相変わらず「※各種割引適用時」が並ぶものでした。

この結果、Twitter トレンドには「au解約」や「#さよならau」が並ぶ事態に。逆にドコモは何も発表していないにもかかわらず評価を高めることとなりました。

株価も素直に反応。前日終値付近の 2,964 円で始まったこの日の KDDI 株ですが、新料金プラン発表後は売りが優勢。前日比34円安(-1.15%)の2,935円で引けました。

「ahamo」対抗プランも検討

KDDIは「ahamo」対抗プランについて「これから詳細を詰めていきたい」「満足いただけるもの(料金プラン)を出していきたい」と述べ、改めて料金プランを検討していく考えを示しています。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。