【比較】iPhone 12/12 miniとSE(第2世代)、7/7 Plusの性能や搭載機能、サイズの違い

iPhone 12

Apple から iPhone の 2020 年最新版 iPhone 12 が発表されました。今回は 4 モデル。通常の iPhone 12 と 12 Pro、12 Pro Max、そして 12 mini。ミニです。初めて 5G に対応。

iPhone 12 mini は iPhone 12 の機能面をほぼそのままコンパクトに。iPhone SE (第2世代) よりも小さい、片手でも持ちやすいサイズです。

ここまで大きな問題なく使えるからと iPhone 7 世代を長く使っている我が家でも、いよいよ買い替え時期が来たのでは、機種変更して良いのではないかとの話が持ち上がったりして。

バッテリーの消耗とか、OS アップデートで動きがもっさりしてきたとか、アプリが落ちやすくなったりだとかいう買い替えサインは出はじめていることだし。

そこでこの記事では iPhone 12/12 mini、iPhone 7/7 Plus、買い替え候補に挙がっているもうひとつの端末 iPhone SE (第2世代) の違いについて調べてみました。

iPhone 12/12 miniと7/7 Plus、SE(第2世代) 比較

チップ・RAM

 1212 mini7 Plus7SE
(第2世代)
チップA14 BionicA14 BionicA10 FusionA10 FusionA13 Bionic
メインメモリ4 GB4 GB3 GB2 GB3 GB

iPhone 7 の発売は 2016 年。iPhone としては第 10 世代にあたるシリーズです。搭載されているチップは A10 Fusion(4コア、2.34GHz)。

iPhone 7/7 Plus から iPhone 12 までの間には 8/8 Plus/X、XS/XS Max/XR、11/11 Pro/11 Pro Max、SE(第2世代)があり、搭載チップもぐんぐん進化。12 シリーズでは最新の A14 Bionic(6コア、3GHz超?)が搭載されています。RAM 容量もアップ。4 世代分の差は、かなり大きい。

サイズ・ディスプレイ

 1212 mini7 Plus7SE
(第2世代)
画面6.1 インチ5.4 インチ5.5 インチ4.7 インチ4.7 インチ
高さ146.7 mm131.5 mm158.2 mm138.3 mm138.4 mm
71.5 mm64.2 mm77.9 mm67.1 mm67.3 mm
厚さ
7.4 mm7.4 mm7.3 mm7.1 mm7.3 mm
重量162 g133 g188 g138 g148 g

iPhone X 以降は画面周囲の枠、ベゼルが省かれ画面サイズが大きくなりました。片手で操作しにくく、これスマホと呼べるの?みたいな大きさになっていた端末サイズの巨大化にも歯止めがかかり、一定程度は落ち着いた大きさに。

新デザインの iPhone 12 mini は5.4インチディスプレイを備えていますが、高さ 131.5mm、幅 64.2mm と iPhone 7 や iPhone SE(第2世代)よりも小さくなっており、ちゃんとミニです(厚みは若干増)。重量も軽くなりました。

耐久性もアップ。またIP68等級の耐水性能があり、最大水深6メートルで最大30分間の水没に耐えるほか、コーヒーやジュースなどの日常的な液体に対する耐水性能を備えています。

 1212 mini7 Plus7SE
(第2世代)
画面6.1 インチ5.4 インチ5.5 インチ4.7 インチ4.7 インチ
Super Retina XDRSuper Retina XDRRetina HDRetina HDRetina HD
オールスクリーン
OLED
オールスクリーン
OLED
ワイドスクリーン
LCD
ワイドスクリーン
LCD
ワイドスクリーン
LCD
HDRディスプレイHDRディスプレイ
解像度2,532 x 1,170
460ppi
2,340 x 1,080
476ppi
1,920 x 1,080
401ppi
1,334 x 750
326ppi
1,334 x 750
326ppi
コントラスト比20万:120万:11,300:11,400:11,400:1

iPhone 12/12 mini のディスプレイはオールスクリーンのSuper Retina XDRディスプレイが採用。コントラスト比は200万対1で、最大時の明るさは iPhone 11 のほぼ2倍だそう。

バッテリー持ち

 1212 mini7 Plus7SE
(第2世代)
ビデオ再生最大17時間最大15時間最大13時間最大13時間最大13時間
ビデオ再生
(ストリーミング)
最大11時間最大10時間最大8時間
オーディオ再生最大65時間最大50時間最大60時間最大40時間最大40時間
高速充電

ビデオ再生・オーディオ再生

 1212 mini7 Plus7SE
(第2世代)
ビデオ再生HDR
(DolbyVision、HDR10、HLG)
HDR
(DolbyVision、HDR10、HLG)
Dolby Vision、HDR10、HLGに対応
オーディオ再生空間オーディオ再生
Dolby Atmosに対応
空間オーディオ再生
Dolby Atmosに対応
ステレオ再生ステレオ再生ステレオ再生

カメラ

 1212 mini7 Plus7SE
(第2世代)
カメラデュアル12MP
(超広角、広角)
デュアル12MP
(超広角、広角)
デュアル12MP
(広角と望遠)
シングル12MP
(広角)
シングル12MP
(広角)
超広角ƒ/2.4絞り値ƒ/2.4絞り値
広角ƒ/1.6絞り値ƒ/1.6絞り値ƒ/1.8絞り値ƒ/1.8絞り値ƒ/1.8絞り値
望遠ƒ/2.8絞り値
ナイトモード
Deep Fusion

光学式手ぶれ補正

光学ズームアウト
2倍

2倍

2倍
デジタルズーム
最大5倍

最大5倍

最大5倍

最大5倍

最大5倍
True Toneフラッシュ
より明るい

より明るい
スローシンクロ
ポートレートモード
進化したボケ効果
深度コントロール

進化したボケ効果
深度コントロール

進化したボケ効果
深度コントロール
ポートレートライティング
自然光
スタジオ照明
輪郭強調照明
ステージ照明
ステージ照明(モノ)
ハイキー照明(モノ)

自然光
スタジオ照明
輪郭強調照明
ステージ照明
ステージ照明(モノ)
ハイキー照明(モノ)

自然光
スタジオ照明
輪郭強調照明
ステージ照明
ステージ照明(モノ)
ハイキー照明(モノ)
HDR
写真のスマートHDR 3

写真のスマートHDR 3

写真のHDR


写真のHDR


次世代のスマートHDR(写真)

ビデオ

 1212 mini7 Plus7SE
(第2世代)
4Kビデオ24fps
30fps
60fps
24fps
30fps
60fps
30fps30fps24fps
30fps
60fps
1080p HDビデオ30fps
60fps
30fps
60fps
30fps
60fps
30fps
60fps
30fps
60fps
Dolby Vision対応HDRビデオ最大30fps最大30fps
拡張ダイナミックレンジ最大60fps最大60fps最大30fps
光学式手ぶれ補正
光学ズームアウト2倍2倍2倍
デジタルズーム最大3倍最大3倍最大6倍最大3倍最大3倍
オーディオズーム
QuickTakeビデオ
1080pスローモーション
120fps
240fps

120fps
240fps
1080p(120fps)
720p(240fps)
1080p(120fps)
720p(240fps)

120fps
240fps
ナイトモードのタイムラプス
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプス
ステレオ録音

生体認証

 1212 mini7 Plus7SE
(第2世代)
認証顔認証
(Face ID)
顔認証
(Face ID)
指紋認証
(Touch ID)
指紋認証
(Touch ID)
指紋認証
(Touch ID)

新しい iPhone では指紋認証の「Touch ID」が再採用されるのでは?などという噂が出ており注目されていましたが、結局のところ iPhone 12 シリーズは従来どおりに顔認証の「Face ID」が採用されています。

価格

アップル公式の価格です。iPhone 12 mini は 256GB で 10 万円を切ってくる価格に。iPhone 12 も 10 万円。価格でいえば iPhone SE ですが、どちらにしようか。なんなら iPhone 11 でもいいのではないか。

 1212 miniSE
(第2世代)
64GB85,800 円74,800 円44,800 円
128GB90,800 円79,800 円49,800 円
256GB101,800 円90,800 円60,800 円

iPhone 12 シリーズの予約は 10 月 16 日より順次開始。10 月 23 日より順次発売開始です。

share

耳で聴く読書 Audible

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。