au Wi-Fi SPOT が、東京駅~鹿児島中央駅間の新幹線車両で順次利用できるようになります。KDDIは24日、2018年7月25日よりau Wi-Fi SPOT の利用可能スポットを順次拡大し、東海道・山陽・九州新幹線車両で利用できるようにすると発表しました。

「東海道新幹線」「山陽新幹線」「九州新幹線」で運行される新幹線車両に、KDDIグループの株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスがSSID「0000Wi2」の提供を開始します。これによりユーザーは、東京駅から鹿児島中央駅の間で au Wi-Fi SPOT を利用できるようになります。

「0000Wi2」は、auスマートフォンを利用しているユーザーが「au Wi-Fi SPOT」の対応エリアとして利用可能。「東海道新幹線」「山陽新幹線」「九州新幹線」(東京駅~鹿児島中央駅間)で運行される“全車両”に順次提供されます。2020年3月までに全列車が対応する予定とのこと。

目印は、フリーWi-Fi「Shinkansen Free Wi-Fi」のエリアサインステッカーが車内に掲出されている車両。

このサービスは、携帯電話の電波を使用して提供されます。なので携帯電話の電波の状況など、環境によっては利用できない場合があります。なお九州新幹線のうち、新八代駅~鹿児島中央駅間のトンネル内(2018年7月24日時点)や、携帯電話の電波が届いていない箇所では利用できません。

利用対象者

auスマートフォン、タブレット、ケータイを利用しているユーザー。
価格:無料
最新の「au Wi-Fi 接続ツール」より利用することができます。

au Wi-Fi SPOT の鉄道各社への提供は、小田急電鉄や京成電鉄、京浜急行電鉄、東京メトロ、東京モノレール、東急電鉄、東武電鉄などので車両や駅・構内に対応。駅・構内に限れば、JR北海道や札幌市営地下鉄、江ノ電、京王電鉄、JR東日本、JR西日本、JR四国、JR九州などでも提供されています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で