Apple は3月27日、米国イリノイ州シカゴの Lane Tech College Prep High School でスペシャルイベント「Let’s take a field trip.」を開催。Apple Pencil に対応した 9.7 インチ iPad の新モデルを発表しました。iPad Pro 以外のモデルで初めて Apple Pencil に対応し、性能も向上。その上で低価格に抑えられています。

このページでは、この新しい 9.7 インチ iPad (第6世代) が、前世代の第5世代とどう変わったのかを比較しています。

 iPad (第6世代)iPad (第5世代)
iPad (第6世代)iPad (第5世代)
カラーシルバー / ゴールド / スペースグレイ
ディスプレイRetinaディスプレイ
TFT(IPS)マルチタッチ液晶
QXGA(Quad-XGA)
色深度:8bit 1677万色表示
耐指紋性撥油コーティング
画面サイズ9.7インチ
解像度画素数:2048×1536ピクセル
解像度:264ppi
プロセッサA10 FusionA9
Apple Pencil 対応◯ 対応×
カメラ(外側)8メガピクセル
Live Photos、オートフォーカス、パノラマ(最大43メガピクセル)、写真のHDR、ƒ/2.4の開口部、自動手ぶれ補正、人体検出と顔検出
ビデオ撮影HDビデオ撮影(1080p、最大30fps)、720p/120fpsスローモーション撮影対応
手ぶれ補正機能を使ったタイムラプスビデオ、手ぶれ補正、人体検出・顔検出、3倍ビデオズーム
カメラ(内側)1.2メガピクセル
Live Photos、HDビデオ撮影(720p、最大30fps)、人体検出と顔検出、ƒ/2.2の開口部
センサー指紋認証センサー(Touch ID)
3軸ジャイロスコープ、加速度センサー、環境光センサー、気圧計
バッテリービデオ / オーディオ再生:最大10時間

インターネット利用時
Wi-Fi:最大10時間
セルラー:最大9時間
サイズ240mm(縦)×169.5mm(横)×7.5mm(厚)
重さWi-Fi:469g
Wi-Fi + Cellular:478g
容量・価格Wi-Fi
32GB:37,800円
128GB:48,800円

Wi-Fi + Cellular
32GB:52,800円
128GB:63,800円

※第5世代は販売終了

第6世代 iPad は Apple Pencil に対応

iPad (第6世代) と iPad (第5世代) の一番の違いは、「Apple Pencil」への対応ですね。「Apple Pencil」は、iPad Pro 用に発売されたスタイラスペン。傾きや筆圧を感知して、様々なペンの種類をこれ1本で再現することができます。

「Apple Pencil」はこれまで、iPad Pro でしか使うことができませんでしたが、iPad (第6世代) の登場により初めて通常の iPad にも対応。利用機会が大きく広がりそうです。iPad (第6世代) は、iPad Pro ほどの大きさや性能を必要としない、より安価なモデルで「Apple Pencil」を使いたいという需要に応えたモデルとなります。とはいえ、Apple Pencil の価格には変更なく、入力機器としてはまだちょっと高いかなーという印象はありますけれど。

搭載チップが「A10 Fusion」に

2017年の第5世代モデルに採用されていたプロセッサは「A9」でした。第6世代では iPhone 7 / 7 Plus にも採用されている「A10 Fusion」が搭載されています。よりパワフルになりました。

パワフルになっても、お値段はそのまま

アップルペンシル対応と「A10」搭載を果たした第6世代 iPad ですが、価格は第5世代から据え置かれ、Wi-Fi モデルが3万7800円(32GB)から。

スマートフォンの大画面化で世界のタブレット市場は縮小していますが、アップルは iPad の低価格モデルの高性能化でテコ入れを図ります。

新しい iPad は本日3月28日より予約受付が開始。週末までに発売が開始されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で