毎週木曜発売の「週刊モーニング」で月末の週に月1連載中、よしながふみさんによる料理漫画『きのう何食べた?』。弁護士・筧史朗(かけいしろう、料理担当)と美容師・矢吹賢二(やぶきけんじ)の2人の、食生活を軸に日常を描いた漫画の第6巻。

毎回料理レシピが楽しみではあるんだけど、と同時に、巻を追うごとにシロさんのケンジや実家の両親を思う気持ちに変化が見られたり、周囲の人の環境も変化したり、彼らの日々を追いかけるのもまた楽しい。

作内でも現実と同じように時間が流れていて、初回43歳だったシロさんはこの巻で47歳に。日付が変わったらすぐに祝いたいタイプのケンジに合わせてあげるシロさん。昔と比べてずいぶん優しくなりました。しかし恋人のケンジからの高価そうな傘よりも、佳代子さんからもらったエコバッグへのトキメキのほうが大きいのはシロさんらしさというかなんというか。

そして2巻で登場していた、シロさんが弁当を持って依頼人と月イチで遊園地へ出かけるエピソードがここで回収。3巻でシロさんがやらかした司法修習生の子のお話も。読んでる方もちょっと記憶の遠くへ行っていたようなエピソードの後日談が、今のシロさんとケンジに絡めて回収されていく見事さ。

あと、5巻から登場したゲイカップルの小日向さんとジルベールことワタルくんの登場が増えていて、2人に影響されてシロさんとケンジの関係も少しずつ変わっていきますね。

何食べ第6巻で登場する献立・レシピ

何食べ6巻で登場する献立・レシピは次の通りです。中でも水餃子がおすすめ。

  • 第41話:水餃子、チンゲン菜のごま和え、じゃこなっとうキムチやっこ
  • 第42話:たけのこごはん、あさりのみそ汁、お刺身サラダ、グリーンアスパラガスの白和え
  • 第43話:じゃことまぜごはんのおにぎり(茶色い)、ガッテンの甘い卵焼き(黄色というか茶色い)、ピーマンの焼きびたし(緑色というか茶色い)、ウインナー炒め(茶色い)、ひじきとツナのトマト煮(黒い)
  • 第44話:カレーうどん、ザーサイ・トマト・玉ねぎのひややっこ、絹さやとしめじのごま和え/コンビーフオニオントースト、キャベツのウスターソース炒め、バナナヨーグルト、ケンジ オ・レ(ミロ入り豆乳オ・レ)
  • 第45話:イカとこんにゃくのみそ炒め、卵ときゅうりと春雨のサラダ、チンゲン菜の辛子和え、鶏とネギの吸いもの
  • 第46話:青椒肉絲、きゅうりのピリ辛漬け、焼きなす、かぼちゃとみょうがのみそ汁
  • 第47話:サーロインステーキ(さやいんげんのソテー、粉ふきいも添え)、簡単ピクルス、キャベツとベーコンのスープ、アサヒスーパードライ
  • 第48話:さばの味噌煮、里芋の白煮、ほうれん草としめじのみぞれ和え、にらと卵のスープ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で