【楽天ペイ】配車サービス「S.RIDE」参加するタクシー、都内約1万台で利用可能に


楽天ペイ ロゴ

 

楽天グループのスマホ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」が、ソニーペイメントサービスと連携し、みんなのタクシーが提供するタクシー配車サービス「S.RIDE」に参加する都内約1万台のタクシーで、2020 年 11 月 13 日より利用できるようになります。

利用者は「S.RIDE」に参加しているタクシーで会計をする際、自身の「楽天ペイ」アプリに表示されるQR コードを後部座席に設置されているタブレットのカメラで読み取らせるだけで支払いが完了します。

「楽天ペイ(アプリ決済)」支払いをすると、「楽天ポイント」をさまざまなお店で貯めたり、支払いの際に使ったりすることが可能です。また楽天カードで事前に「楽天キャッシュ」にチャージ(0.5%)してその残高を使う形で「楽天ペイ(アプリ決済)」支払い(1%)をすると、ポイントが合計1.5%還元されます。

「楽天ペイ(アプリ決済)」に対応することで現金の受け渡しをする必要がなくなり、ドライバーとタクシー利用者双方にとって利便性が向上します。

  • 「楽天ペイ(アプリ決済)」がみんなのタクシーの配車サービス「S.RIDE」参加タクシーに導入
  • 都内の約 1 万台が対応
  • 2020年11月13日スタート

なお「S.RIDE」はこの11月、楽天ペイのほかにJ-Coin PayとUnionPay(銀聯)QRコード決済の取り扱いを開始。

また「S.RIDE」に事前登録できるクレジットカードやApple Pay での支払いに加えて、au PAY、d払い®、PayPay、LINE Pay、メルペイ、Alipay、WeChat Payのコード決済サービスに対応しています。


この記事をシェアする

Next

Previous