KDDIのスマホアプリ決済サービス「au PAY」にて、3月31日より公共料金などの請求書支払いができるようになります。請求書(払込票)に記載されたバーコードをアプリで読み取ることで、その場で「au PAY 残高」から支払いが可能。

24時間いつでも支払いができるので、電気やガス、水道の支払いを請求書払い(払込票)で行っている場合、支払いのために外出したり、現金を引き出す手間や時間、現金引き出しのときにかかる手数料の節約につながります。また支払額に対して0.5%分のポイント(200円につき1ポイント)が貯まります。

au PAY 請求書支払い

「au PAY 請求書支払い」は、電気やガス料金といった公共料金や、ショッピング代金などの請求書(払込票)をコードリーダーで読み取り、au PAY残高で支払いができるサービスです。

2020年3月31日よりスタート。

サービスの利用で支払い200円ごとに1ポイントが貯まります。

対応企業・サービス

関西電力、中国電力、沖縄電力
北海道ガス、レモンガス、大阪ガス
東京都水道局(4月1日以降対応予定)
株式会社電算システム(5月下旬以降対応予定)
東京電力(6月上旬以降対応予定)

対応支払先は順次拡大予定です。順調にいけば2020年5月下旬以降に5,000以上の自治体・通販会社と接続する電算システム、2020年6月上旬以降に東京電力が取り扱う請求書への対応が予定されています。

支払い手順

「au PAY 請求書支払い」は請求書とスマートフォンから行います。アプリを起動してバーコード読み取りボタンをタップ。請求書のバーコードを読み取ります。支払内容を確認して「支払いを確定」ボタンをタップ。これだけで支払いは完了です。履歴から支払内容の詳細を確認することができます。

  1. au PAY アプリを起動し、トップ画面から「請求書払い」を選択
  2. 「請求書支払い画面」から「バーコードを読み取る」をタップ
  3. 用意した請求書 (紙払込票) のバーコードを読み取ります
  4. 決済確認画面で請求書 (紙払込票) の情報に間違いがないことを確認のうえ「支払う」をタップ
  5. 支払完了。履歴は「請求書支払い画面」の「履歴」から確認できます

※利用を開始するには、「au PAY アプリ」を最新のバージョンにアップデートする必要があります。

決済上限額はau PAYの決済上限額に依ります(上限は25万円/回)。なお、支払先の企業によっては、手数料が加算される場合があるということです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Audible (オーディブル) は、プロの声優や俳優などナレーター陣による朗読で本を聴ける、Amazonグループのボイスブック (オーディオブック) サービス。ベストセラー小説やビジネス書、自己啓発、洋書、童話・児童書、落語、講演など、様々なラインナップが揃っています。

初回登録後、最初の1冊は無料 (2か月目以降は月額1,500円で毎月1冊購入、その後は30%オフ価格で作品購入可能)。

会員期間中は、追加料金なしで楽しめるAudibleステーションも利用できます。

本は、聴こう。Audibleで最初の1冊を無料で体験。

Audible