【au PAY】公共料金等の支払いなど「請求書支払い」の手順、利用で 0.5%分ポイント還元


 

KDDIのスマホアプリ決済サービス「au PAY」にて、3月31日より公共料金などの請求書支払いができるようになります。請求書(払込票)に記載されたバーコードをアプリで読み取ることで、その場で「au PAY 残高」から支払いが可能。

24時間いつでも支払いができるので、電気やガス、水道の支払いを請求書払い(払込票)で行っている場合、支払いのために外出したり、現金を引き出す手間や時間、現金引き出しのときにかかる手数料の節約につながります。また支払額に対して0.5%分のポイント(200円につき1ポイント)が貯まります。

au PAY 請求書支払い

「au PAY 請求書支払い」は、電気やガス料金といった公共料金や、ショッピング代金などの請求書(払込票)をコードリーダーで読み取り、au PAY残高で支払いができるサービスです。

2020年3月31日よりスタート。

サービスの利用で支払い200円ごとに1ポイントが貯まります。

対応企業・サービス

対応支払先は順次拡大しています。

支払い手順

「au PAY 請求書支払い」は請求書とスマートフォンから行います。アプリを起動してバーコード読み取りボタンをタップ。請求書のバーコードを読み取ります。支払内容を確認して「支払いを確定」ボタンをタップ。これだけで支払いは完了です。履歴から支払内容の詳細を確認することができます。

  1. au PAY アプリを起動し、トップ画面から「請求書払い」を選択
  2. 「請求書支払い画面」から「バーコードを読み取る」をタップ
  3. 用意した請求書 (紙払込票) のバーコードを読み取ります
  4. 決済確認画面で請求書 (紙払込票) の情報に間違いがないことを確認のうえ「支払う」をタップ
  5. 支払完了。履歴は「請求書支払い画面」の「履歴」から確認できます

※利用を開始するには、「au PAY アプリ」を最新のバージョンにアップデートする必要があります。

決済上限額はau PAYの決済上限額に依ります(上限は25万円/回)。なお、支払先の企業によっては、手数料が加算される場合があるということです。

関連キーワード

share